アットベリーの配合成分を分析しました

アットベリーの配合成分を分析しました

 

アットベリーは脇や二の腕の黒ずみ対策や消臭効果で人気で、成分が注目されています。

 

アットベリーに配合されている美容・保湿成分について詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

トリプルサンド方式ケア

 

トリプルサンド方式

STEP1 <内部>暑い角質もスーっと高浸透

浸透性コラーゲン・オリゴヒアルロン酸などの美容成分をナノ化させているので肌の角質層まで美容成分がぐんぐん浸透する内部型集中ケア。

STEP2 <表面>表面の外から集中的に閉じ込みケア

高分子ヒアルロン酸などの美容成分はあえて大きな粒のままにしてあるので表面で留まって美容成分を外から集中ケア。

STEP3 <保護バリア>保湿ベールで刺激対策も完成

乾燥は大敵だから潤い成分として配合した高品質のセラミドやエラスチンがベールやバリアの役割をする。

 

5種類の美白成分

 

プラセンタ

プラセンタエキスに含まれる成長因子の影響によって細胞が活性化されます。
細胞が活性化されることで新陳代謝が活発になり、黒ずみ肌の原因、メラニン色素を多く含んだ角質が肌表面に残ることなく排出されていることで徐々に本来の肌の色を取り戻すことが期待できます。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

漢方薬の甘草に含まれる成分です。
肌の炎症を抑える消炎作用やキメを整える働きがあり、健康な肌状態をキープしてくれる効果が期待できます。

 

甘草ブラボノイド

甘草は「生薬の王」とも呼ばれ、四千年も前から薬用植物として使用されており、ビタミンCの約270倍という効果があるといわれています。
メラニン生成を促すチロシナーゼ酵素の活性を抑え黒ずみ肌の進行を防ぐ期待ができます。

 

トウキエキス

トウキエキスとは、山間の岩間に生えるセリ科植物の根から抽出されています。
メラニンの生成を抑える美白効果が期待でき、抗炎症作用、血行促進、消炎、保湿効果もあるといわれています。

 

エイジツエキス

バラ科植物のイノバラやその近緑植物の果実から抽出したエキスです。
美白効果があるといわれており、皮膚細胞の活性作用があり肌荒れ防止にも期待ができます。
なので広く化粧品に使われているエキスでもあります。

 

 

6種類の保湿成分

 

セラミド

セラミドは肌の保湿機能の改善や水分が蒸発するのを防止して外部からの刺激や最近の進入を防ぐバリアとして機能しています。
また、美肌効果としてメラニンの生成を抑えシミ、シワを防ぐといわれており、健康で綺麗な肌を作るには重要な役割を果たすといわれております。

 

コラーゲン

コラーゲンは肌に「弾力を与える」「水分を抱え込んでみずみずしさを保つ」といった効果があると言われております。
加齢や紫外線、ストレスなどの影響から、肌の新陳代謝がおちるとコラーゲンも代謝の速度が衰え、その結果、乾燥やしわ、たるみなどの原因となります。

 

ヒアルロン酸

保水力にすぐれており、ヒアルロン酸自身の重量の約六千倍といわれています。
水分を保持する働きのほかに弾力性があり潤った肌の維持。さらにシワやたるみの予防など様々な役割を担っています。

 

エラスチン

保湿効果の高い成分と言われているエラスチンですが、ゴムのように伸縮する性質があり、肌に柔軟性を与えてくれるといわれています。
ですが、年齢とともに減少していき肌のハリや弾力が損なわれていくとシワやたるみを引き起こす原因の一つといわれています。

 

トレハロース

甘味料として食品に多く使われているトレハロースですが、高い保湿効果、細胞を保護する効果があると言われています。
されに炎症を抑える効果もあると言われています。

 

アラントイン

穀物の胚芽やコンフリーの葉や根などに存在し保湿効果はもちろん、炎症を抑える作用や新しい表皮細胞の増殖を促し角質などの古い細胞が剥がれ落ちるのを助ける働きがあるといわれているいます。

 

5種類の植物成分

 

アロエエキス

食用としても栄養価の高いアロエですが、肌への美容効果も注目されています。
保湿効果や抗炎症効果、美白効果などがあると言われています。
なかでも抗炎症効果が強く軽い火傷などにも使用されているようです。

 

シャクヤクエキス

ボタン科植物、シャクヤクの根から抽出されたエキスで皮脂のバランスを整え、肌を保湿する働きがあるのが特徴です。
さらに抗炎症効果や血行促進、美白効果もあるといわれています。

 

人参エキス

オタネニンジンの根から抽出したエキスで、古くから漢方薬としても親しまれ万能薬といわれています。
美容面では保湿は新陳代謝の促進、肌荒れ防止などが挙げられています。

 

ワレモコウエキス

バラ科植物のワレモコウの根や根茎から抽出したエキスで、刺激が少ないのが特徴です。
抗菌作用、消炎作用、の働きのよってにきびや肌荒れを抑えてくれます。

 

クララエキス

マメ科の植物クララの根から抽出したエキスで収れん作用があるといわれておりにきびや肌あれの防止が期待できます。

 

 

臭いケア成分

 

桑エキス

身体の中でも汗をかきやすい脇の下は通気性が悪く他の部位に比べて湿度が高くなりがちです。
なのできちんと汗対策をしていないと雑菌の繁殖によりニオイの原因にもなります。
桑エキスは抗菌効果が期待でき雑菌の繁殖に抑えるといわれています。

 

天然ビタミンE

天然ビタミンEは肌の老化や肌荒れの原因となる活性酸素の攻撃から細胞膜を守る働きをしているといわれています。
血行促進、肌のターンオーバーも期待できます。

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら