アットベリーの使い方詳しく説明します

アットベリーの使い方詳しく説明します

アットベリー

 

ムダ毛の自己処理や肌の乾燥により、脇やひじ、ひざなどに黒ずみが現れたり、二の腕にぶつぶつができてしまうなど、肌トラブルに悩んでいるという人も多いでしょう。

 

夏が近づくにつれ薄着になることも多く、暖かくなってくると、どうにかしなければと思っている人も多いはずです。

 

このような悩みに対し、解消の効果が期待できる化粧品がアットベリーです。

 

アットベリーの使い方はとても簡単です。

 

まずはお風呂に入って黒ずみが気になる部分の汚れをしっかりと落としましょう。

 

汚れを落とすことで、アットベリーのジェルが浸透しやすくなります。

 

お風呂からあがったら体の水分をまずはしっかりと拭き取りましょう。

 

そしてアットベリーを手にとります。

 

黒ずみが気になる部分に優しく塗り込んでいきます。

 

この時に手のひらの体温でジェルを温めることで、肌に浸透しやすくなります。

 

手のひらで少し抑えるように塗ると、浸透しやすくなるでしょう。

 

アットベリーの使用量としては、さくらんぼぐらいの大きさが適量となります。

 

一度にたくさんの量を使っても効果は変わらず、それどころか反対にかぶれやかゆみを引き起こしてしまう可能性もあるので、適量を使用するようにしましょう。

 

このように使用方法はとても簡単であることがわかります。

 

アットベリーは化粧水と乳液と美容液の効果を兼ね備えています。

 

そのため短時間で簡単に使用できます。

 

またべたべたすることなく、洗い流さなくてもよいので、使いやすい商品であるといえるでしょう。

 

アットベリーを使用する際の注意点としては、塗る際の手や、塗る部分は必ず清潔な状態にして塗るようにしましょう。

 

暑い時期などで汗をかきやすい時や、外出先から帰ってきたときなどは、汗などによって肌の状態があまりよくありません。

 

このような状態のままアットベリーを使用したとしても、汚れを一緒に塗り込むことになってしまいます。

 

肌荒れの原因や、雑菌が繁殖する原因にもなるので、塗る前には必ず、シャワーなどで汚れを洗い流してから使うようにしましょう。

 

 

 

【口コミ好評】アットベリーをAmazon・楽天より安く購入する方法 TOPはこちら