アットベリーに副作用はあるのか?

アットベリーに副作用はあるのか?

 

脇や二の腕などの黒ずみが気になるという女性に人気なのがアットベリーです。

 

美白成分を豊富に含んだ贅沢なクリームで、脇や二の腕だけではなく、全身の黒ずみやブツブツの解消に効果があると多くの女性に支持されています。

 

美白化粧品は長期間使ってこそ、その効果を発揮するものなので、直接体につけるスキンケア用品は、その副作用も気になるところです。アットベリーに副作用はあるのでしょうか。

 

アットベリーは美白化粧品なので、副作用として最も気になるのが「白斑」ではないでしょうか。

 

白斑とは皮膚の一部の色がまだらに白く抜け落ちてしまう皮膚病の一種で、「ロドデノール」という成分が原因ではないかと言われています。

 

アットベリーにこの危険性はないのでしょうか。

 

アットベリーには、白斑の原因だと言われているロドデノールは配合されていません。

 

配合されているのは、プラセンタエキスやグリチルリチン酸、甘草フラボノイド、トウキエキス、エイジツエキスなどの安全性が確認されている成分ばかりです。

 

また、近年危険視されるようになった防腐剤のパラベンも配合されていません。

 

パラベンは分子が小さいので、化粧品に配合すると肌を経由して細胞の内部にまで浸透してしまうと言われています。

 

アットベリーではこのような危険性のある成分は配合されていないので、副作用の心配はなく、安心して使うことができます。

 

さらに、アットベリーは無添加処方で低刺激となっているため、敏感肌の人も安心です。

 

パラベンはもちろん、合成香料、着色料、鉱物油、アルコールなど、肌への負担となる成分はすべてカットしているので、乾燥して敏感肌になっている人でも使えるようになっています。

 

アットベリーは安全な成分のみを配合した商品なので、副作用の心配もなく、安心して使うことができます。

 

低刺激の無添加処方なので、肌が弱い人も安心です。

 

副作用や刺激が気になって使用をためらっているという人も試してみてはいかがでしょうか。

 

 

【口コミ好評】アットベリーをAmazon・楽天より安く購入する方法 TOPはこちら