脇の黒ずみを治す方法

ムダ毛を処理しているのに、脇が黒ずみの原因とは?改善出来る?

 

脇の黒ずみってうっかりしているとけっこう濃くなっていることがありますよね。ムダ毛の処理はしていたのに、脇が黒ずんでいて恥ずかしい思いをしたことがある方もいるはず。特に夏は脇が露出する服を着る機会も多くなります。今回は脇の黒ずみの原因と治す方法をご紹介します。

 

1.脇の黒ずみの原因はこれ!

 

1)メラニン色素の沈着。

 

脇の黒ずみの原因で一番多いのはメラニン色素が沈着してしまっていることです。脇の毛をカミソリで何度も何度も剃ったり、脇の黒ずみを落とそうとナイロンタオルでゴシゴシこすったりしていると、脇の黒ずみがどんどんひどくなる場合があります。

 

お肌は摩擦などの刺激を受けると自分で肌を守ろうとし、メラニン色素を生成します。日焼けすると肌って黒くなりますよね。日焼けは体が肌を守ろうとしてメラニン色素を生成して黒くなる現象なのです。

 

そして肌は紫外線だけでなく、摩擦などの物理的な刺激からも肌を守ろうとしてメラニン色素を生成します。このメラニン色素が肌に沈着している状態が黒ずみなのです。

 

オフィスワークで座り仕事の多い人の場合、お尻と椅子が当たる部分が黒ずんだりした経験はありませんか?あれと同じで摩擦によってメラニン色素が生成されて脇にも黒ずみが発生するのです。

 

2)制汗剤が脇に残ってしまう。

 

脇を露出する暑いシーズンには制汗剤を使う方も多いと思いますが、使いすぎには注意してください。脇は汗腺が多く、汗をかきやすい場所なので老廃物がたまりやすい場所でもあるのです。ロールオンタイプやスプレータイプの制汗剤は脇の毛穴をふさいで汗を止め、体臭を防ぐものです。この制汗剤をよく落としておかないと制汗剤の残りが皮脂や角質とくっついて毛穴をふさいだままになってしまい、脇の黒ずみの原因になることがあります。

 

 

2.脇の黒ずみを治すには?

 

脇にメラニン色素が沈着したままになってしまうのは皮膚のターンオーバーがうまくいっていないからです。一般的に皮膚のターンオーバー周期は約1か月と言われており、お肌は古い角質を垢として体外に排出し、新しい皮膚を再生します。

 

ホルモンバランスや加齢により、このターンオーバーの周期が乱れると角質がたまってしまい、黒ずみの原因になるのです。ターンオーバーを正常に戻すには健康的な生活をすることが基本です。十分な睡眠をとること、バランスのいい食事、お肌を清潔に保つことが重要です。

 

1)食事で黒ずみを改善する。

ターンオーバーを促進する栄養素はビタミンEだと言われています。ビタミンEは血行を良くし、新陳代謝を促進する作用があります。
食材としては大豆、ナッツ類、レバー、ウナギの蒲焼などに多く含まれています。

 

また肌のハリを保つにはコラーゲンが必須ですから、鶏皮、手羽先、豚バラ肉、エビなどのコラーゲンを豊富に含んだ食材を採るとよいでしょう。変ったところではとんこつラーメンのスープは牛、豚、鶏の骨を煮込んで作っていますので実はコラーゲン豊富な食材です。ただし、食べ過ぎには要注意です。

 

2)黒ずみ用クリームを使ってみる。

 

黒ずみが気になる方は黒ずみ用の美白クリームを使ってみるのもひとつの方法です。美白クリームは顔用だけでなく、乳首用や脇用などいろいろな種類がありますので、脇用クリームを選択してみてはいかがでしょう。

 

商品によって成分や作用に違いがありますが、一般的には、プラセンタなどを配合することによる「美白作用」、グリチルリチン酸2Kなどによる「消炎作用」、コラーゲンやヒアルロン酸による「保湿作用」などがあります。

 

 

3.脇のケアで気をつけたいこと。

 

脇は汗をかきやすい場所なので、清潔に保ってください。ただし、お風呂に入った時もタオルでゴシゴシこするのではなく、石鹸を泡立てて優しく洗ってください。
また、摩擦も黒ずみの原因となりますので、腋の下が擦れるようなピチピチの服や下着は避けた方が良いでしょう。

 

 

脇の黒ずみを治す方法