脇の黒ずみ

ムダ毛を処理しているのに、脇が黒ずみの原因とは?改善出来る?

おしゃれを楽しみたい女性にとって脇の黒ずみは避けたいものですが、黒ずみで悩んでいる方も少なくありません。脇のムダ毛を処理しても黒ずむのには原因があったのです。脇が黒ずむ原因を知って、黒ずみの改善をしていきましょう。

 

脇の黒ずみの原因は、ムダ毛の処理による肌のダメージ

脇の黒ずみの一番の原因と言われているのが、ムダ毛のセルフケアです。毛抜きで抜く・剃刀で剃るなどのセルフケアが、毛穴や肌を傷めるときがあります。ムダ毛の処理で、毛抜きの使用すると肌が引っ張られて、毛穴が盛り上がりボコボコ毛穴になりやすいのです。毛抜きでは抜ききれずに剃刀を合わせて使う方もいると思います。剃刀で剃るというのは、肌表面が削られると同じ状態になるため、脇の肌へのダメージが大きくなります。脇のムダ毛の処理をセルフケアすることで、肌ダメージが大きいと肌細胞内のメラノサイトが活発化してメラニンが大量に作られ、肌細胞が黒くなります。黒くなった肌細胞が表面に目に見える状態が黒ずみなのです。さらに傷ついた肌を治そうとして皮膚が盛り上がり毛穴をガードします。毛穴を埋めるかのように守るため、毛が中に入り込み黒ずみに見えることがあるのです。

 

ムダ毛処理後のアフターケア不足が脇を黒ずませる

脇のムダ毛の処理をした肌は、毛穴は広がり肌は傷つき敏感になっています。セルフケアでムダ毛処理をしたらアフターケアは大事になります。毛を抜いたり剃ったりした後の肌は熱を帯びていることがあります。熱帯びた肌を冷やしてクールダウンをしてから、荒れた肌にならないようにたっぷりと保湿をし、黒ずみ繋がらないようにしましょう。剃刀を使ったあとの肌は敏感なので、浸透が早い化粧水を使うと肌トラブルを起こすことがあります。じっくりと浸透していくクリームでしっかりと保湿をしましょう。

 

皮脂や角質などの汚れが毛穴詰まりの原因となり黒ずみに繋がる

毛穴に皮脂や角質の汚れが詰まると、固くなり角栓となることがあります。

 

・過剰な皮脂の分泌が毛穴を詰まらせる

皮脂腺と汗腺は繋がっており、皮脂は毛穴を通って汗と一緒に分泌されます。体の中でも脇の部分が特に汗と一緒に皮脂が多く分泌され、汚れがつきやすく毛穴が詰まりやすいのです。毛穴が詰まり黒ずみとならないようにケアをすることが大事になります。皮脂は体の外へ出ると冷えて固まり、汚れを吸着するのでこまめに、市販のふき取りシートでケアをしてみてはいかがでしょうか。

 

・制汗スプレーの過剰な使用は黒ずみになりやすい

制汗スプレーは、汗や皮脂が過剰になることを抑え清潔に保つため、使用している方も多いかと思います。使用することは清潔を保ち、黒ずみを防ぐためにもいいのですが、頻繁に使用するとかえって逆効果になることがあるのです。制汗スプレーに含まれる金属塩が、シミ・くすみの原因となり、脇の黒ずみに繋がることがあります。制汗スプレーを使うのは日中だけにして、夜は毛穴も肌も休ませるようにして黒ずみになるのを予防しちゃいましょう。

 

衣類等による肌への摩擦が黒ずみに繋がる

衣類と脇との摩擦で、肌細胞内のメラノサイトが活発に働き、メラニンを大量に作り黒ずみの原因となるのです。ノースリーブだけではなく体にフィットするデザインの洋服を着たとき、脇が少し当たるものより脇に直接当たらないゆったりめのデザインのものにすると緩和されます。衣類との擦れが、肌ダメージに繋がり黒ずみにならないように、美白のコスメでケアをすると、黒ずみの予防をしながらおしゃれを楽しむことが出来ますよ。コスメを使用するときにも擦らないように優しくケアをしましょう。

 

生活リズムの乱れは、脇だけではなく、体の黒ずみに大きく関わる

環境の変化などで一日のライフサイクルが崩れたり、食生活の偏りや不規則な食事・睡眠不足は、肌のターンオーバーに影響し、肌の新陳代謝がスムーズにいかず毛穴が詰まりやすくなります。生活リズムが崩れると女性ホルモンのバランスも崩れ、肌の新陳代謝が滞るようになります。女性ホルモンが崩れると、シミ・くすみが出来やすくなり、黒ずみへと繋がるようになるのです。睡眠時間をしっかりと取り、バランスの取れた食事を心がけ、適度に体を動かして肌の新陳代謝がスムーズに行われるようにしましょう。