日焼けやレーザー治療で残ってしまう炎症性色素沈着とは

日焼けやレーザー治療で残ってしまう炎症性色素沈着とは

黒ずみケア

 

 

「炎症性色素沈着」という言葉を聞いたことがありますか?お肌の黒ずみのことを調べるとこの言葉がちょくちょく出てきます。シミや黒ずみなどの一種です。炎症性色素沈着とは具体的にどのようなものなのか解説していきます。

 

 

炎症性色素沈着とは

 

簡単に言ってしまうと文字通り、炎症が起こった後にできてしまうシミ、黒ずみのことです。炎症というと大げさに聞こえますが、ヤケドはもちろん、ニキビや日焼けなども皮膚にとっては炎症ということになります。

 

お肌は実はよくできていて、自然治癒力を持っています。古い角質を垢として落とし、新しい肌を再生しますので、お肌に炎症が起こって、荒れたりシミができたりしても時間とともに回復してくれます。しかし、お肌の再生機能にも限界があり、炎症によってシミが残ってしまう場合があります。

 

炎症はお肌への刺激によって発生します。例えばカミソリでムダ毛処理をしたときに傷がついてしまいます。特に深剃りをしようとして毛の流れと逆に剃るとお肌によりダメージを与えることになり、黒ずみの原因になります。

 

刺激を与えるという点ではレーザー治療も同じことです。シミや黒ずみを除去するために大会お金を払ってレーザー治療をしたにもかかわらず、レーザーの跡が炎症を起こしてしまってシミができてしまったという本末転倒の話も実際にあるのです。

 

戻りジミはきちんとしたケアをすれば半年程度で消えることが多いです。患部に傷をつけたり摩擦したり刺激しないようにして、紫外線対策と保湿を怠らないように気をつけましょう。

 

 

色素性沈着の予防策

 

色素性沈着を起こさないための一番の予防策は紫外線対策です。ムダ毛の処理やレーザー治療は毎日するものではありませんが、紫外線は毎日浴びています。日々の紫外線が後々ボディブローのように効いてきます。大切なのは一日一日の積み重ねなのです。

 

日焼け止めクリーム、UV対策ファンデーションはもちろんですが、日傘も陽射しを避けるのに効果があります。また、手や腕の日焼けが気になる方は長めのグローブなどを着用するとよいでしょう。

 

日傘やグローブはちょっとおばさんっぽい、と思ってしまう方もいると思いますが、おばさんになった時に美肌を保っていられるのは努力した人だけなのです。
シミや黒ずみは紫外線による日焼けによって発生する確率が一番高いです。できてしまって治療するよりもできる前に予防する方が確実に美肌を維持できます。

 

 

炎症がおこってしまったら

 

お肌に炎症が起こった場合、まず冷やすこと、そのあと塗り薬で患部を保護してください。ヤケド、ニキビなどで炎症がひどい場合は皮膚科での診察をおすすめします。特にヤケドは跡が残りやすいので、皮膚科で診察してもらい、塗り薬などを処方してもらうとよいでしょう。治療薬を塗って症状が治まったら、保湿効果の高いクリームを塗り、お肌を保護しておきます。保湿、保護することでお肌が綺麗に戻っていきます。

 

脇の下やビキニラインのムダ毛処理で炎症が起こってしまった場合も同様に、ひどい場合は皮膚科に相談することをおすすめします。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、できるだけ早い治療が炎症の改善には有効なのです。

 

セルフでのムダ毛処理は炎症になるリスクもあるため、思い切って脱毛してしまうというのも作戦のひとつです。脱毛サロンやクリニックなどでスカッと脱毛してしまうとしばらく自分で脱毛する必要がなくなりますし、デリケートゾーンも清潔に保つことができます。

 

普通のサロンであれば月一回の施術で一年くらい通う必要がありますが、美容クリニックなどで出力の高いマシンでの施術であればサロンよりも短期間で終わると言われています。
費用はかかりますが、クリニックによってはお試し価格とか、初回無料などのキャンペーン価格を設定している場合もありますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

できてしまった炎症性色素沈着を治療するには

 

炎症性色素沈着を治療するには、飲み薬、塗り薬、レーザーによる施術などがあります。
薬の場合、飲み薬のトラネキサム酸、塗り薬のビタミンイオンなどがあります。レーザー治療のような即効性はありませんが、内服の治療としては唯一の方法なので、レーザー治療はちょっと怖いという方には適しています。

 

ビタミンイオンは通常のクリームタイプの塗り薬と比較すると数倍の効果があると言われています。ビタミン剤を患部に塗り、浸透させることでシミを薄くしていく作用があります。シミやくすみなどには非常に効果が高いと言われています。また、ビタミンなので肌荒れやニキビを予防する作用もあります。

 

レーザー治療はレーザートーニングと言われ、治療方法の中では即効性もあり、効果が高い治療方法です。シミを除去するだけではなく毛穴も引き締めてくれるため、より美肌に近づくことができます。また、レーザートーニングは炎症性色素沈着の除去だけでなく、肝斑やくすみの改善にも効果があります。施術回数は二週間に一回程度で、症状にもよりますが5回程度で完了となります。

 

 

まとめ

 

炎症性色素性沈着は紫外線が原因であることが多いです。色素沈着が起こってから治療することもできますが、美肌になる一番確実な方法は色素沈着ができる前に予防することです。お肌に炎症を起こさず、日焼けをしないよう、日々の紫外線対策を怠らないようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら