市販のクリームは二の腕のぶつぶつや黒ずみをどこまで綺麗に出来る?

市販のクリームは二の腕のぶつぶつや黒ずみをどこまで綺麗に出来る?

黒ずみケア

 

 

市販のクリームで二の腕のぶつぶつや黒ずみが綺麗になったらいいですよね。手軽だし安上がりだし、言うことありません。今回はドラッグストアなどで販売しており、手軽に買える「ニノキュア」と「ニベアの青缶」について調べてみました。処方箋の必要のない市販のクリームが黒ずみにどのくらい効果があるのか、成分はどのようなものなのかをご紹介していきます。

 

 

ニノキュアには皮膚を柔らかくする尿素が配合されています。

 

「ニノキュア」はテレビCMでもおなじみの小林製薬が開発したクリームです。二の腕のぶつぶつをケアするクリームです。パッケージには「二の腕などのブツブツ治療薬」と謳われていますね。
この「ニノキュア」には尿素が20%配合されています。尿素は角質層を柔らかくしてくれる成分で、20%の配合率は一般の医薬品では高い配合率です。ぶつぶつを治療でき、なおかつ保湿もきちんとしれくれる医薬品なので、二の腕などのぶつぶつにお悩みの方には頼りになる医薬品ですね。

 

ニノキュアは役に立つお薬なのですが、長期にわたってずっと使用していると体に害がある可能性もあります。理由は尿素の濃度が20%と高い値だからです。尿素は固くなった角質を柔らかくしてくれる作用がありますが、角質を溶かしてしまい、使いすぎると過度のターンオーバーになることがあります。すると皮膚が炎症を起こしてしまう可能性があるのです。効果は高いのですが、デメリットがあることも理解して使いましょう。また、お肌にある程度の改善が見られたら、一旦ほかのクリームを試して見ることをおすすめします。

 

ニノキュアは二の腕などのぶつぶつを治療する効果や保湿力に優れていますが、黒ずみまで改善してくれるというほどの美白効果は期待しないほうが良いでしょう。

 

腕のぶつぶつを治療する時にはやっぱり黒ずみも綺麗になくなることを期待してしまいますよね。最近では黒ずみを自分で治したいと思っている方も増えており、黒ずみ用のケアクリームの種類も増え、ドラッグストアなどの店頭でも購入できるようになっています。

 

ケアクリーム選びの基本は、テスターなどでできるだけ多くのケアクリームを試して比べてみること、そのなかで自分のお肌に合うものを選んで使うこと、そしてお肌のお手入れをさぼらないことです。
腕のぶつぶつも綺麗にしたい、黒ずみも綺麗にしたい、というのは症状にお悩みの女性なら誰でも願うことです。一石二鳥のケアクリームというのはなかなかありませんから、一本のクリームに頼るのではなく、併用して複数のクリームを使用することも視野に入れてはいかがでしょうか。

 

 

噂のニベアの青缶はぶつぶつや黒ずみに効果があるのか。

 

「ニベアの青缶」は成分の配合が絶妙ということで一時インターネットでかなり話題になりました。
ボディだけでなく、顔や髪の毛にも使えるという情報が出回った時期には、普段普通に売られているニベアの青缶が店頭で見かけなくなるほど売れたこともありました。

 

長く販売されているおなじみのブランドなので、使っている、または使っていたという方も多いのではないでしょうか。いろんな用途に使えて、お手頃な価格なのに「使える」クリームとして評価されていました。
インターネットで噂になっていた時期に比べると、一時のブームは去ってしまったようですが、今でも冬になると店頭にたくさん並ぶ人気ブランドといえるでしょう。

 

ニベアの青缶は保湿効果に優れています。「とにかく保湿」という点に重点を置く方にはニベアはその保湿機能を充分に発揮してくれるクリームです。冬にはニベアがかかせないという方も多いですよね。テクスチャーがちょっと硬めに仕上がっているので、冬場など寒くなると伸びが悪くなることがあります。

 

保湿効果に優れたニベアの青缶ですが、二の腕のぶつぶつや黒ずみを改善したいという方にはあまり効果が期待できないようです。ニベアの青缶には角質層をケアする成分や、美白成分は含まれていないのです。
腕のぶつぶつや黒ずみをケアするのに、保湿はとても重要なことです。でも、水分量を維持するだけではぶつぶつや黒ずみの改善は期待できません。

 

もちろんお肌をきちんと保湿することで間接的な効果は望める可能性はあります。ですが、直接効くかと言われると答えに困ってしまいます。

 

 

症状に合ったクリームを使うのが改善への近道

 

二の腕のぶつぶつを綺麗にしたければぶつぶつ用のクリーム、黒ずみを改善したければ黒ずみケア専用のクリームを使うことが最適の方法です。
シミもくすみもぶつぶつも黒ずみもこれ1本、というクリームや治療薬はありません。あったら噂にならないわけがありません。

 

化粧品や医薬品には長所と短所があります。症状や用途に応じてそれぞれ使い分けていくことが逆に改善への近道でと言えます。ぶつぶつが気になる場合は角質ケアを謳った製品、黒ずみが気になる場合は美白成分を配合した製品を選びましょう。

 

インターネットで話題になったニベアの青缶を試して見たくなるのが女心ですよね。もちろん保湿するには優れた商品なのですが、ぶつぶつや黒ずみに関しては医学的な正式見解が出ていないのです。インターネットでの情報は根拠があるもの以外は参考程度に読んでおき、自分のお肌に合ったものを探してください。きっとあなたの症状に合ったものが見つかるはずです。

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら