脇の黒ずみはケミカルピーリングで治る?

脇の黒ずみはケミカルピーリングで治る?

黒ずみケア

 

脇の黒ずみに効く言われるケミカルピーリングは比較的費用も安く、高い効果が得られると言われています。病院や美容皮膚科などのクリニックで施術を受けることができます。今回はケミカルピーリングについて詳しくご紹介していきます。

 

 

そもそもケミカルピーリングとは

 

ピーリングは「皮をむく」という意味です。洗顔でもピーリング洗顔がありますね。脇の黒ずみ治療のケミカルピーリングとは、医師が処方した化学的な薬剤を使用するものです。薬剤を脇の下に塗り、化学的効果で古い角質を取り除く方法です。

 

脇の下の黒ずみは、まず古い角質を除去し、お肌の再生を促進して新しい肌を表面に出すことで改善します。古い角質が残ったままだとターンオーバーが乱れてきてしまうので、薬剤を使って古い角質を剥がすところから始めるのです。角質を剥がすことでターンオーバーが元に戻りやすくなります。
ケミカルピーリングはお肌に合せた成分や薬剤を使うことで、乱れてしまったお肌の新陳代謝の周期を元に戻すことができるのです。

 

 

ケミカルピーリングはどんな効果があるの?

 

ケミカルピーリングは古い角質を除去できるので、お肌のターンオーバーの乱れを改善することができます。お肌のターンオーバーが正常になれば、お肌のトラブルは改善していきます。ターンオーバーが乱れていると、ニキビ、シミ、くすみ、黒ずみができやすくなってしまい、お肌にいいことはありません。
ケミカルピーリングはお肌のトラブルを改善する方法のひとつですが、効果については個人差が出てきます。

 

 

ニキビ跡の改善にはケミカルピーリングがおすすめ

 

ニキビ跡にお悩みの方も多いと思いますが、ケミカルピーリングはニキビ跡に効果があると言われています。お肌の新陳代謝を正常に戻してくれる働きがあるので、皮膚の再生を促進し、ニキビの跡を目立たなくする作用があるのです。

 

ただ、クレーターのように凹んでしまっているニキビ跡はケミカルピーリングでは改善できません。凹んでしまったところを元に戻す効果はケミカルピーリングにはないのです。

 

ケミカルピーリングは薬剤を使って古い角質を剥がす、という方法なので施術した後のケアも重要になってきます。大げさに言うとひと皮剥く施術ですから、アフターケアをきちんとしないとお肌にダメージが残ってしまう場合もあります。
ケミカルピーリングは効果の高い方法ではありますが、デメリットもあるということを認識しておいてください。

 

 

シミ、黒ずみにも効果あり

 

ケミカルピーリングは古い角質を取り除いてくれるので、メラニン色素が沈着して起こるシミ、黒ずみにも効果が期待できます。黒ずんでしまった角質を取り除いた後、新しい皮膚が生まれることでシミ、黒ずみを薄くしていきます。

 

 

ケミカルピーリングは自宅でもできる

 

皮膚科に行く時間がない、美容皮膚科にかかるほど予算をかけたくない、という方にはセルフケアでのケミカルピーリングをおすすめします。自宅でもできるケミカルピーリング用の薬剤も販売されています。まずは手軽に自宅でやってみたいという方におすすめですが、お肌に合うピーリング剤を吟味して選んでください。お肌に合わない薬剤の場合、肌トラブルが起こることがあります。

 

 

ケミカルピーリングに副作用はないの?

 

薬剤を使うということで気になるのが副作用です。薬剤で古い角質を除去する方法のため、肌表面が敏感になり、肌コンディションが不安定になります。そのため、お肌がとても乾燥しやすくなっています。ケミカルピーリングをした後は、お肌が乾燥しないようによく保湿し、紫外線対策をきちんと行うことが重要です。

 

 

ケミカルピーリングには予算が必要

 

ここでケミカルピーリングについての費用についてお話ししておきます。脇の黒ずみを改善するためのケミカルピーリングは美容皮膚科などで施術できます。施術の費用はクリニックやキャンペーンなどによって相違がありますが、1回につき5,000円から10,000円が相場です。
施術回数は2週間〜1か月に1回程度ですが、施術は1回で終わるわけではありません。5、6回はかかると考えておいた方が良いでしょう。予算的には30,000円から50,000円程度は用意しておかなければなりません。さらに結果に納得がいかない場合は追加の予算が必要となります。

 

脇の黒ずみの改善に効果のあるケミカルピーリングは、効果も高いですが、費用もそれなりにかかってしまいます。回数が増えれば増えるだけ予算もかさみます。
また、ケミカルピーリングは1度すれば永久に黒ずみが消えると言うものでもなく、黒ずみが復活してしまったらまた施術することになりますし、施術後のケアもきちんとしなければなりません。
また、クリニックで勧められるケア製品は市販のケア製品の2倍から3倍の値段であることもあります。

 

ケミカルピーリングはトータルするとけっこうな費用が必要になります。あまりお金をかけたくないし、クリニックに行く時間もないという方は、まずはアットベリーなどの薬用保湿クリームなどを使ってセルフケアから始めてみることをおすすめします。

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら