足に毛孔性苔癬ができちゃった。どうすればいい?

足に毛孔性苔癬ができちゃった。どうすればいい?

二の腕のぶつぶつ

 

 

 

二の腕だけじゃない!足にもできる毛孔性苔癬

 

よく二の腕にできるぶつぶつは毛孔性苔癬と言われる皮膚疾患であることが多いです。カミソリを使ってムダ毛処理をすることでお肌に負担がかかることで毛孔性苔癬ができやすくなると言われています。二の腕によくできると言われていますが、太ももやふくらはぎなどにもできることもあります。

 

足も二の腕も女子は露出することが多いので、肌の露出が多くなる夏に限らずお肌のぶつぶつは気になってしまいますよね。
毛孔性苔癬の症状は特に10代の若い年代に多くみられますが、肥満傾向にある方や、お肌の弱い敏感肌の方にも表れやすいと言われています。10代に症状がよく見られ、年齢を重ねるごとに症状が緩和し、30代頃には目立たなく事が多いのでホルモンバランスに影響されると考えられています。

 

 

足のぶつぶつの原因はなに?

 

毛孔性苔癬の原因はまだはっきりとは解明されておらず、お肌の角化が原因であるとか、遺伝であるとか諸説あります。
足にできる毛孔性苔癬の原因は、セルフでムダ毛処理をする時の方法にあるのではないかと考えられています。自分で手軽に、短時間で除毛処理ができる脱毛器やシェーバーを使用する場合、何度も何度も同じ場所を剃ってしまい肌に負担がかかったりします。

 

また、電気シェーバーの場合、お肌が乾燥している時に除毛してしまうことがあり、皮膚にダメージを与えることがあります。するとダメージを受けた毛穴に細菌が入って炎症を起こしやすくなってしまうのです。

 

また、繰り返し脱毛や除毛をしてお肌に負担がかかると、お肌は自分を保護するために角質層を厚くします。角質層が厚くなると古い角質が毛穴に溜まります。毛穴の中に詰まった角質は角栓となり、毛穴をふさいでしまい、ぶつぶつの原因となるわけです。これが毛孔性苔癬と言われる症状です。

 

見た感じはほぼニキビと同じように見えますが、ニキビのようにアクネ菌が毛穴の中に入り込んで炎症を起こしているわけではないのでニキビとは違います。また、ニキビと違って痛みもかゆみも少ないため、ケアを怠ってしまい、症状が長引いてしまう方も多いです。ぶつぶつをできるだけ早く治したい場合は時間のかかるセルフケアよりもレーザー治療など、専門医による施術が有効です。

 

 

できてしまった足のぶつぶつはどうすれば治るの?

 

足のぶつぶつはムダ毛処理を何度も行っていることが原因でできることも多いです。それ以上ぶつぶつを悪化させたくない方は美容皮膚科などでレーザー治療をすることでぶつぶつを除去することが可能です。
毛孔性苔癬の場合、肌の表面が角質化しているだけではなく、毛穴の奥、つまりお肌の深部まで角質が詰まっていることになります。ですから肌の表面に作用するピーリングだけでは毛孔性苔癬の症状は改善できないのです。

 

レーザー治療であれば比較的短期間でぶつぶつを改善することが可能です。毛孔性苔癬の施術によく使用されるのはフラクセルレーザーで、皮膚の深層部までレーザーを照射することでぶつぶつを除去し、自然治癒力によって新しい肌の再生を促すことができます。

 

フラクセルレーザーは1回の施術で約5%〜15%皮膚を改善することができます。ですから数回の施術が必要とされますが、次第にお肌が綺麗に変わっていくことが実感できます。また、同時にレーザーで脱毛処理をしておけば毛孔性苔癬の原因ともなるムダ毛処理の回数も減り、角質層が厚くなることも避けられますし、毛穴の開きも改善することができます。

 

レーザーによる施術のあとはお肌が乾燥しやすくなるので、自分できちんとアフターケアをし、保湿をすることが大切です。また、レーザーによる治療にはメリットとデメリットがあるため、あらかじめ専門医に相談してからの治療をおすすめします。

 

 

保湿クリームによる毛孔性苔癬ケア

 

とは言うものの美容クリニックでのレーザー治療はそれなりの費用が掛かってしまいます。お金もないし、勇気もないし、時間もないしという方には、少ない予算で、手軽に、自宅でできるセルフケアをおすすめします。毛孔性苔癬の特徴として、皮膚の乾燥によって症状が悪化するということがあげられます。ですから保湿クリームを念入りに塗ってお肌に潤いを保つことが大切になります。顔でも足でもボディでも、乾燥していていいことはひとつもありません。

 

きちんと保湿することでお肌のターンオーバーの乱れが正常になり、新陳代謝が活発になることで綺麗な肌を取り戻すことができます。
高い保湿力のある成分としてはセラミドやヒアルロン酸があります。セラミドは細胞間脂質の成分のひとつであり、ヒアルロン酸は真皮にある成分と同じものです。両方が配合されているとより保湿力が期待できます。ローションでもクリームでもお好きな形状でかまいませんが、保湿力の高いものを使い、朝晩二回、ブツブツのできてしまったところに塗り、潤いを保ちましょう。

 

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら