ステロイドは二の腕のぶつぶつに使ってもいいの?

ステロイドは二の腕のぶつぶつに使ってもいいの?

二の腕のぶつぶつ

 

女性としては二の腕のぶつぶつは露出の多い夏でなくても気になる部分ですよね。ノースリーブを着るのを躊躇してしまったりすると、なんとか今すぐ治る方法はないのかと考えてしまうはず。即効性のある外用薬のステロイドを使いたくなる人もいますよね。

 

ですが、ステロイドは即効性があるものの、よくない噂も飛び交っています。気になるのはステロイドを使った後の副作用です。肌がきれいになったとしても副作用は恐い、これは誰もが心配になるところです。
今回はステロイドについてご紹介していきます。ステロイドがどんなものか理解して、正しい使い方をしてくださいね。

 

 

 

そもそもステロイドとはどんな薬なのか

 

「ステロイド」ってよく聞きますが、そもそもどんな薬なのでしょう。万能外用薬のイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。
ステロイドは実は自分の体内でも作られている成分です。副腎皮質という臓器で毎日ステロイドホルモンは作られているのです。

 

ステロイドは体の炎症作用を抑えて体の免疫バランスを正常に保ってくれる重要なホルモンです。「抗炎症作用」と「免疫抑制作用」がステロイドの主な働きです。ステロイドは人工的に作ることもでき、塗り薬だけでなく、内服薬、点眼薬、注射など様々な薬が作られています。

 

ステロイドの持つ抗炎症作用とは

 

抗炎症作用とはその名の通り体に起きた炎症を抑制する作用のことです。例えば皮膚が傷ついたとします。すると皮膚には、赤くなる(発赤)、熱を持つ(発熱)、むくみ(浮腫)、痛み(疼痛)などの症状が表れます。これらを「炎症」といいます。この一連の炎症を抑えてくれるのがステロイドです。

 

ステロイドの持つ免疫抑制作用

 

体の中で起きる免疫反応を抑える働きのことを免疫抑制作用と言います。人間の体はよくできていて、外部から体内に侵入してくる敵や異物(ウィルスや細菌など)に対して免疫を作ります。免疫は抗体とも呼ばれます。そして異物を体外に排除しようとしてくれます。この一連の流れが免疫反応と呼ばれるものです。ステロイドにはこの免疫反応を抑える作用があります。

 

 

ステロイドの副作用について

 

正常の免疫反応だけでなく、人間の体は必要以上に過剰な免疫反応を起こしてしまう場合もあります。いわゆるアレルギー反応です。アレルギー反応でわかりやすいのは花粉症です。
花粉症のアレルギーでよく聞くのはスギ花粉ですが、スギ花粉は人体にとってそれほど有害なものではありません。ですが、花粉症の方の体は「スギ花粉が来た。有害だ。追い出せ。」という指令を出してしまいます。

 

すると花粉を体外に排出しようとして、くしゃみや鼻水で花粉を追い出そうとし、鼻づまりを起こして吸い込まないようにしようとします。ステロイドはこの過剰な免疫反応であるアレルギー反応を抑える働きがあります。

 

アレルギー反応を抑えてくれるのは大変ありがたいのですが、ステロイドはアレルギー反応だけでなく、正常な免疫反応も抑制してしまいます。
つまりアレルギー反応抑制と正常免疫反応抑制の両方の働きを持つのです。この「正常免疫反応」を抑制してしまうことが副作用と言われるのです。

 

例えばステロイド注射や内服薬を長期にわたって服薬した場合、ちょっと風邪を引いただけで肺炎にまでなることがあります。これが免疫抑制作用です。ですから、ステロイドはできるだけ短期での使用が良いと考えられます。

 

アトピー性皮膚炎などにもステロイドの外用薬がよく使われますが、こちらはステロイドの量は少なく、免疫抑制作用は少ないと言われています。
免疫機能は人によって個人差がありますので、なんであれステロイドを使う場合には必ずお医者さんに診察してもらってください。

 

 

ステロイドを使用する時の注意点

 

ステロイドを使用する時に覚えておきたいことは3つあります。

 

1.ステロイドの強さ

 

ステロイドの強さは5群に分類されています。

 

@最強
A非常に強い
B強い
Cおだやか
D弱い

 

の5つです。

 

ステロイドは症状に合った強さのものを選ぶことが重要で、副作用を恐れて弱い薬をダラダラと塗り続けても効果が期待できません。

 

 

使用頻度

 

一般的には1日2回ですが、回復して来たら1日1回程度でいいでしょう。厚く塗る必要はなく、患部を覆い尽くすようにまんべんなく薄く塗ります。

 

 

ステロイドを使いたくない方へ

 

ステロイドは市販薬も販売されており、医師の処方箋がなくても手に入る外用薬ですが、どうしても副作用が心配という方もいらっしゃると思います。ステロイドは使いたくないけど二の腕のぶつぶつが気になる方は専用の保湿クリームを使ってみることをおすすめします。
ステロイドのような効果は期待できませんが、副作用がないので不安なく使用することができます。二の腕のケアを念入りに行なうことで改善に向かいますし、かゆみもおさまってきます。

 

 

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら