シミやシワができる原因を解説します

シミやシワができる原因を解説します

スキンケア

 

女性の大敵であるシワやシミができる原因はどのようなものか、またどんな対策を取れば良いのかをご紹介していきます。

 

第一に紫外線がお肌の美容と健康の大敵なのです。シワは加齢が一番の原因だと思っている方も多いと思いますが、加齢、つまり自然老化でシミやシワのできる原因は20%程度です。残りの80%は光老化によるものと言われています。

 

シミもシワも放っておくとどんどん酷くなってしまうことはご存知だと思います。もちろん加齢のせいもありますが、シワ、シミの予防はまず紫外線を防ぐこと、次にお肌に良い栄養素を食材から採り、お肌の老化をできるだけ防ぐことが大切です。

 

シミができる原因を調べてみます

 

気がつくとお肌にできてしまうシミ。鏡で見つけてショックを受けてしまう方も多いはず。シミの原因は主に紫外線ですが、年齢を重ねるとその原因が増えてくることも否めません。加齢、ホルモンバランス異常、ストレス、睡眠不足、お肌の炎症、肌荒れ、ニキビ跡などシミのできる原因はたくさんあります。

 

ではシミの種類を解説していきましょう。

 

肝斑(かんぱん)

 

額、頬、目や口の周りにできる褐色のシミです。左右対称にできることが多いです。

 

シミは基本的に肌の表皮の基底層にある色素形成細胞のメラノサイトが原因です。このメラノサイトがメラニン色素を作り出します。日焼けと同じ理屈です。日焼けした後メラニン色素が増えてさらに皮膚に沈着してできるシミが肝斑です。

 

そばかす

 

そばかすは年齢を重ねることによってできるものではなく、子供にも見られるものです。そばかすも日焼けによってメラノサイトがメラニン色素に変化してできるものです。紫外線を浴び続けると数が増えたり色が濃くなったりします。
頬や鼻のまわりによくできますが、手足や背中など体にできることもあります。

 

スポット斑(老人性色素斑)

 

高齢になると出てくるのが老人性色素斑とも言われるスポット班です。主に額や頬にできます。老化することによって皮膚が変化したものだと言われていますが、はっきりした原因はわかっていません。

 

20代でもできることがありますが、その場合は光老化性色素斑と呼ばれます。
シミのできやすい部分はいくつかありますが、

 

@おでこにできる場合

 

おでこは出っ張っていることもあり、日焼けしやすい部分です。髪の生え際、眉の上などが注意したいポイントです。
おでこ全体にできてしまうとシミだと気付くのに遅くなってしまいますので、手遅れにならないようにケアしておくこともお忘れなく。

 

A目の周辺にできる場合

 

目頭と鼻の間のくぼみはシミができやすい部分なので、常に注意を配っておきましょう。

 

Bほっぺたにできる場合

 

ほっぺた、特に頬骨は他の部分より高くなっているので日光が当たりやすく、紫外線がメラニン色素を作り出し、シミができやすい部分です。

 

・唇の周辺にできる場合

 

口角の下の部分はシミができやすい場所です。上唇にシミができると薄いヒゲのように見えることがありますので女性は要注意です。

 

シミとは日焼けによって作られたメラニン色素がお肌の中に沈着し、落ちなくなってしまったものです。紫外線を浴びると、皮膚の細胞内で活性酸素が発生します。この活性酸素が肌を刺激すると、刺激から肌を守ろうとしてメラニン色素を生成するのです。

 

 

シワのできる原因を調べてみます

 

顔にシワができる原因は色々あります。加齢によるものだけでなく、紫外線による刺激、光老化、お肌の乾燥、顔の筋肉の衰えなどが挙げられます。また、睡眠不足ももちろんお肌の大敵です。

 

シワが気になる部分は、口のまわりのほうれい線、おでこ、眉間のシワ、目もとなどです。はっきり言うと顔中どこにできてもシワは気になりますね。

 

シワの原因@ 紫外線

 

シワのできる原因は加齢よりも紫外線の影響が大きいです。シワの80%は紫外線が原因と言われています。

 

お肌はコラーゲンの間にエラスチンが張りめぐらされて網目のような構造になっています。コラーゲンが肌のハリや弾力を保つ役割をしていますが、紫外線はコラーゲンにダメージを与え、なおかつエラスチンを変性させる酵素を分泌させるのです。その結果お肌の弾力がなくなり、しわやたるみになるのです。

 

紫外線はわずか数時間浴びただけで数時間後に皮膚のコラーゲンにダメージを与えます。そしてコラーゲンは一旦破壊されてしまうと復元することができないのです。

 

 

シワの原因A 光老化

 

光老化とは、長年紫外線を浴び続けることでシワやたるみを引き起こす現象のことです。

 

畑仕事や屋外での仕事などが多いシニアの方はシミやシワが多く見られますよね。これはお肌の神秘のコラーゲンがダメージを受けてしまっているからです。

 

シワの原因B お肌の乾燥

 

肌を保湿することでシワをできにくくすることができます。保湿が足りずにお肌が乾燥すると角質層に細かい亀裂ができてしまうのです。また、乾燥する時水分が蒸発するのですが、それによりさらに皮膚は乾燥してしまい、皮膚が固くなったり薄くなったりします。

 

肌が固くなり、ハリが失われると小さなしわがどんどんできてしまいます。目のまわりは皮膚が薄くシワができやすいので「カラスの足跡」ができないように保湿を心がけましょう。

 

シワの原因C 顔の筋肉の衰え

 

加齢とともに筋肉が衰え、顔の筋肉が下がってたるんできます。筋肉と同様に皮膚も下がり、ヒダとなってシワになるわけです。表情筋を鍛えることでたるみを抑え、シワが伸びてシワが増えるのを防ぐことができます。筋肉は使わないとどんどん衰えてしまうので、シワもどんどん深くなってしまいます。

 

シワの原因D 睡眠不足

 

睡眠不足はお肌の大敵とよく聞きますが、お肌の敵はシワの原因のひとつになります。

 

お肌の傷みが最も再生されるのは午後10時から午前2時の間です。この時間によく寝ておかないとお肌はダメージから復活できず、シワができやすくなります。

 

お肌は約28日周期で新陳代謝されます。古い角質は垢やフケとして体外に排出され、新し皮膚が再生されます。このサイクルをターンオーバーと呼びます。

 

睡眠不足になるとこのターンオーバーのサイクルが遅くなり、新陳代謝がうまくいかなくなってシワがお肌に刻まれることになります。また、睡眠不足は成長ホルモンの分泌を悪くしてしまうので、代謝にも影響するわけです。

 

 

シミやしわを防ぐ食材をご紹介します

 

シワやシミも含めてお肌の老化は体が酸化することが原因のひとつです。酸化を防ぐ食材を採ることでシミやシワを防ぐことができます。酸化を防ぐ食材をご紹介していきましょう

 

@コーヒー

 

コーヒーは抗酸化作用のあるポリフェノールを含んでいます。ポリフェノールと言えば赤ワインが有名ですが、コーヒーもほぼ赤ワイン並みのポリフェノールを含んでいます。シワやシミには有効ですが、飲みすぎると眠れなくなるので寝る前には控えた方がよいでしょう。

 

Aバナナ

 

バナナはエネルギー源として有名ですが、抗酸化成分を豊富に含んだ食材です。また、ビタミンB6やビタミンB2も豊富に含んでいますので、美容にはもってこいの食材です。

 

Bウナギ

 

夏バテに効くウナギですが、実はコラーゲンとビタミンEを豊富に含み、美容食として優れた食材です。似たようなものにアナゴがありますが、アナゴも同様の働きがあります。

 

C緑茶

 

緑茶は抗酸化作用のあるカテキンとビタミンCを豊富に含み、紫外線から守ってくれる作用があります。なにげなく飲んでいる緑茶ですが、実はお肌にいい飲み物だったのです。

 

Dトマト

 

トマトはリコピンを豊富に含んだ食材で、実はリコピンはビタミンEの100倍近い抗酸化作用があると言われています。リコピンはメラニン色素の生成を抑える働きを持っていますので、シワやシミの気になる方にはもってこいの食材です。

 

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら