乾燥肌への正しい対策法を考えましょう

乾燥肌への正しい対策法を考えましょう

スキンケア

 

皆さんの中で「自分は乾燥肌」だと分かっている人は、どのくらい居るのでしょうか。
子どもの頃から続けている洗顔ですが、自分の肌をしっかり把握している人は多くありません。
顔全体が全て同じ状態ではないことが多く、乾燥肌と脂性と普通肌が混在しているのが普通だからです。

 

10代の頃からしっかり洗顔法を知って、美しい肌を保つ努力を続けている筈ですが、間違った洗顔法で角質層を傷めたりしてしまうことで、乾燥肌になってしまいます。
そうして肌のさまざまなトラブルを招くこともありますから、しっかりと洗顔方法を考えていきましょう。

 

間違った洗顔法は乾燥肌に影響する

 

肌の水分保持力を大切にしないと、肌にダメージを与えることになります。
洗顔によって、肌を守っている皮脂膜や角質層の細胞間脂質、NMF(天然保湿成分)が洗い流されてしまうのです。
角質層の細胞間脂質は80%、NMF(天然保湿因子)は18%、皮脂が2%を担っていますが、洗顔で洗い流されてしまうことで、肌の水分保持力はとても減ってしまうのです。

 

洗い流された皮脂は、約1日かけて修復されますが、その大半は就寝中に行われていると言われています。
そのために、朝に洗顔剤や石鹸を使用してのしっかりとした洗顔はおすすめできません。
化粧や1日の生活の汚れなどは、就寝前の洗顔でしっかりと落とし、就寝中は肌の修復を助ける栄養分の補給を考えましょう。
朝の洗顔は、無防備になった肌をいたわるように優しく洗顔します。

 

皮脂が多い人のためには、それなりの洗顔法があります。
酸化してしまった皮脂が、就寝中にも取り除けないといったデメリットがありますから、この部分「Tゾーンのみを軽く洗顔する」ことです。
比較的洗浄力の弱い洗顔剤や石鹸を使用し、Tゾーン部分の酸化した皮脂を落とすことで、水分保持力を適度に保つという方法です。

 

 

乾燥肌への正しい対策法

 

生活習慣の乱れをなくす

 

乾燥肌の原因は様々あります。
もちろん「洗顔法」は大切ですが、他にも「生活習慣」や「加齢」「スキンケアのし過ぎ」がその原因になります。
そして、最大の原因は「生活習慣の乱れ」だといわれています。

 

最近の若い人たちは、素晴らしく楽しい世界で生活していますから、暴飲暴食や夜更かしなどは別に悪いこととは思っていないでしょう。
でも「睡眠不足」「アルコール」「偏った食事」「仕事や交友関係のストレス」など、様々な生活習慣の乱れが乾燥肌を引き起こす原因にもなっているのです。
もし、生活習慣によって肌が乾燥していると気が付いたら、規則正しい生活にチェンジすることも考えてください。

 

新陳代謝をよくして加齢が原因の肌の乾燥を良くする

 

加齢が原因の乾燥肌の場合は、新陳代謝の低下が問題になります。
新陳代謝が低下することで、肌のターンオーバーは減少しますから、保湿が難しくなるのです。

 

30〜60代の肌乾燥の場合は、加齢が原因のことが多いのですが、肌に必要な水分を外に蒸発させることが難しくなり、保湿ができなくなるとされています。

 

嫌な言葉ですが「老化を食い止めるため」には、新陳代謝を上げることがとても必要になります。
新陳代謝を上げるために、日頃の運動や顔面のストレッチなども良いようですね。

 

 

乾燥肌のための食事内容を考える

 

乾燥肌対策の食事改善

 

毎日の食事は、身体にとっても肌にとっても非常に重要なものです。
乾燥に効果的な食事には、「豊富な脂質とたんぱく質が含まれている食事」が大切です。
なるべく努力して、乳製品を食べるようにしましょう。

 

「牛乳」や「ヨーグルト」「チーズ」「バター」などの摂取が必要です。
特に肌が乾燥している場合には、脂質の補給は大切ですが、飽和脂肪酸は肌には重要な成分ですから、積極的に摂取していくことをおすすめします。

 

飽和脂肪酸は比較的酸化されにくく、融点が高いので劣化もしにくく、牛肉や豚肉の脂肪・ラード・バター・ココナッツオイル・パーム油・綿実油などに含まれています。

 

ターンオーバーが活性化

 

古い細胞が新しい細胞へと生まれ変わるには、栄養素
脂質やたんぱく質の多い食品を摂ることが大切になります。

 

そして、肌のターンオーバーが活性化されますし、肌を整えるために乾燥肌をも防いでくれるのです。
ここでも「良質なたんぱく質」が重要で、肌のバリア機能を高める働きをします。
料理の中に積極的に「肉類」「魚類」「大豆製品」「卵」などを取り入れていきましょう。

 

ビタミンの豊富な野菜も多く摂る

 

タンパク質ばかりに偏った食事では、乾燥肌対策には万全ではありません。
様々なビタミンも必要になってきます。

 

ビタミンはタンパク質を有効に活用させてくれますから、野菜類も積極的に取り入れていきましょう。
緑黄色野菜はビタミンAのカロテンが豊富に含まれていますから、油と共に摂ることで吸収率がアップしますし、細胞を強くしてくれるため乾燥肌にはとても有効なビタミンです。

 

さらに洋食よりも魚中心の和食の方が、健康な肌のためには良いそうなので工夫してみましょう。
乾燥肌対策に、常日ごろの食生活の見直しが必要なこと、分かっていただけましたか?

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら