シミの種類によって異なるケア方法

シミの種類によって異なるケア方法

スキンケア

 

シミの種類は様々です

 

年齢を重ねてくるとシミが気になってきますが、加齢によるシミだけではなく、シミにはいろいろな種類があります。シミは皮膚にメラニン色素が沈着することによってできるものです。メラニン色素の沈着の原因は加齢もひとつの原因ですが、ホルモンバランスの不調、偏った食生活、ストレスなども要因の一つになります。もちろん紫外線が大きな原因であることは言うまでもありません。
シミには「肝斑」「炎症後色素沈着」などの種類があり、自分でのお手入れももちろん大切ですが、間違ったケアによってシミが悪化してしまうケースもあります。お手入れしても改善が見られない場合には皮膚科専門医などに相談することをおすすめします。

 

肝斑のお手入れ

 

「肝斑」は年齢を重ねるとできやすいシミで、30代から40代の女性に多く見られます。できやすい部分は顔の額、鼻の下、頬骨のあたりで、左右対称にシミになることが多いです。肝斑のできる原因としては女性ホルモンが関与しているとされており、妊娠時にもできることがあります。

 

肝斑のお手入れとして効果があるのは、肝斑の要因とされる紫外線からお肌をしっかりとガードすることです。紫外線を防ぐことによってシミの原因となるメラニン色素の生成や沈着を防止することにつながります。

 

シミ用や美白を謳った化粧品などによるお肌のお手入れも大切ですが、顔の皮膚は体の中でも特にデリケートな部分なので、強くマッサージしたりこすったりすることは避けた方が良いでしょう。強い刺激によってシミが増えてしまったり、濃くなってしまうことも考えられます。
また、スキンケアだけでなく食事によってビタミンCやビタミンEなどのメラニンの抑制作用のある栄養素を採ることも大切です。ベリー類やトマト、鮭などに多く含まれています。シミをきっかけに食生活を見直してみるのもメニューが変って楽しいかもしれませんね。

 

炎症後色素沈着のお手入れ

 

ニキビや傷、かぶれなどによってお肌に炎症ができた後、メラニンが沈着してできてしまったシミを「炎症後色素沈着」と言います。炎症後色素沈着は1、2年で消えてしまうことがほとんどですが、日焼けなどで悪化した場合は残ってしまうケースもあります。

 

炎症後色素沈着のお手入れとしては、まず日焼け対策です。シミを濃くしないよう日焼け止めや日傘などで紫外線対策をすることが大切です。また、お肌の炎症を防ぐために新しいニキビを作らないためのスキンケアもお忘れなく。また、メラニンの生成を抑制するためにビタミンCやビタミンEが含まれている食材を採り、皮膚のターンオーバーを正常に保つことも大事です。

 

炎症後のシミがずっと残ってしまう場合にはひどくならないうちに皮膚科やクリニックなどで相談してみることをおすすめします。シミは沈着してしまったあとでもレーザー治療などで改善することもできますが、炎症後色素沈着は初期治療が効果的だと言われています。

 

光線性花弁状色素班のお手入れ

 

「光線性花弁状色素班」とは強烈な紫外線を浴びて日焼けしてしまった後に花弁状、つまりはなびらが散ったような形に残るシミのことを言います。海に行ったときに日焼けしやすい肩、背中に出ることが多いです。

 

日焼けをしたときに肌が黒くならず、すぐに赤くなってしまうタイプの方に見られるシミなので、強い陽射しを避け、紫外線対策を取ることが必須です。

 

海やプールやリゾート地など長時間紫外線にあたることによってできてしまうことが多いので、なるべく地肌を直接紫外線に当てない工夫をしましょう。海などに入る際には紫外線防止効果のあるラッシュガードなどを着て対策するとよいでしょう。昔は小さい子は日焼けをすると風邪をひかないなどといって日焼けが推奨されている時代もありましたが、年齢が低いうちに強い陽射しを浴び続けると皮膚ガンになるリスクも高くなりますので、お子さんの日焼けにも注意してあげてください。

 

光線性花弁状色素斑は、日焼けで赤くなったり水ぶくれになったりした後に起こりやすいので、そうなってしまった時には氷水などですぐにアイシングをし、皮膚科などを受診することをおすすめします。日焼けはヤケドの一種なので、すぐに冷やして炎症を抑えることが悪化させないコツです。
普段のボディケアについてはビタミンCやビタミンEなどを配合したローションや美白化粧品などでお手入れすることをおすすめします。

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら