シミやシワに効くレーザー治療について

シミやシワに効くレーザー治療について

スキンケア

 

年齢を重ねるごとにシミやシワはどうしても増えてきてしまいます。紫外線対策をすることによってシミ、シワを増やさないようにがんばっている方も多いと思います。シミ、シワをどうしても減らしたいという方にはレーザー治療という方法もあります。レーザー治療は色々な種類があり、美容皮膚科などではシミ、シワの種類によってレーザーを使い分ける施術をしています。

 

レーザー治療にはいい部分ももちろんありますが、デメリットもありますので施術の前によく確認しておきましょう。

 

シミやシワ対策のレーザー治療の種類をご紹介します

 

シミ、そばかす、しわの種類によって向いているレーザーは違ってきます。美容皮膚科などで使用されるレーザーの種類をまとめてみました。

 

そばかすやくすみに使われるフォトフェイシャル(IPL)

 

シミやそばかすの除去にはフォトフェイシャルという治療方法が用いられます。IPL(インテルス・パルス・ライト)という光を当てるのですが、レーザーとしては弱い部類に入ります。照射面積が広いので肌全般の治療をすることができます。

 

また、IPLは光エネルギーを与えることで紫外線で失われたコラーゲンを再生します。コラーゲンが再生されることで皮膚が活性化し、お肌のハリも改善されます。また、皮膚が代謝することでシミなどが改善されます。

 

フォトフェイシャルは一度に複数の光を出すことができますので、シミやシワといった異なる症状に対して施術することができます。

 

そばかすに効果のあるフォトトリートメント

 

フォトトリートメントはメディラックスとも呼ばれ、メラニン色素にダイレクトに反応する光なので、沈着した色素のみを取り除くことが可能です。
また、皮膚の深いところにあるコラーゲン細胞に作用してお肌のハリの元であるコラーゲンを活性化し、増幅させますのでお肌の内側からハリを持たせ、シワを改善する作用があります。

 

濃いシミに使われるQスイッチヤグレーザー

 

Qスイッチヤグレーザーは皮膚の表面から深層部まで広範囲の異常な色素を感知するレーザーです。今までのレーザー治療では除去しきれなかったシミやあざなどを除去でき、色素以外の部分のお肌を傷つけることがありません。また、1回の施術でほぼシミを除去できるレーザーです。

 

肝斑などに使用されるレーザートーニング

 

肝斑は今までレーザー治療ができないと言われていましたが、レーザートーニングは肝斑にも使用できるレーザーとして注目されています。

 

レーザートーニングの大きな特徴としては施術後すぐにメイクしても大丈夫なことです。また、コラーゲンの生成を促す作用がありますので、お肌のハリの改善にも期待が持てます。

 

脂漏性角化症に使われる炭酸ガスレーザー

 

年齢を重ねてくると気になるのが脂漏性角化症です。脂漏性角化症というのははっきり言ってしまうと老人性のシミや盛り上がったイボのことです。この症状に使用されるのが炭酸ガスレーザーです。ほとんどの場合、1回の施術で取れてしまうことが多いです。
シミやイボを炭酸ガスレーザーで除去するのですが、あまり大きなものは外科での治療を勧められる可能性があります。
炭酸ガスレーザーを使用する場合は局部麻酔を使用しますので、痛みはほとんど感じることがありません。治療後は塗り薬と絆創膏でのケアが必要となります。

 

レーザー治療のいいところ、気になるところ

 

レーザー治療は顔にレーザーを当てるわけですから、初めての方は不安もあると思います。施術前にクリニックなどで相談することが重要ですが、主ないいところと、ちょっと気になる部分をあげておきます。

 

レーザー治療のいいところ

 

  • 健康な肌を傷つけず、シミだけをピンポイントに除去できる。
  • セルフケアに比べると短期間で効果的に治療できる。

 

レーザー治療の気になるところ

 

  • シミが悪化する場合がある。
  • セルフケアに比べてお金がかかる。

 

レーザー治療はすぐに効果が表れる画期的な治療法です。しかし数回の施術が必要となる場合もあり、思いの外予算がかかることもあります。
また、レーザーはシミだけに反応する性質を持っていますが、場合によっては悪化してしまうこともあります。治療の際はクリニックでよく相談し、あなたにとってのメリット、デメリットのバランスを考えてからにすることをおすすめします。

 

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら