あなたは大丈夫?正しい洗顔方法をお教えします

あなたは大丈夫?正しい洗顔方法をお教えします

スキンケア

 

洗顔法を正しく知っている方は、どのくらい居るのでしょうか。
小さな頃から毎日洗顔を続けていますが、果たして正しい洗顔なのかどうかは分からないですよね。

 

いろいろと調べてみましたが、洗顔方法が間違っていた場合、角質層にダメージを与えてしまうことから、乾燥肌や敏感肌、脂性肌ってになしまったり、また毛穴やシミなどの様々なトラブルの原因にもなるようです。
洗顔剤は自分に合ったものを選定し、正しく洗うことでお肌を守っていくことになりますから、とても大事なスキンケアの始めと考えましょう。

 

洗顔剤を正しく選ぶ

 

まずは洗顔の目的から入りますが、その目的は1日過ごしている間に酸化した皮脂や、メイクの汚れを落とすことです。
しかし、洗いすぎによって、大切な肌の角質層の細胞間脂質や天然保湿成分までも洗い流すことがあります。
そうなると「過度な洗顔」と言うことになりますね。

 

しっかりと自分に合った洗顔剤を選ぶことで、過度な洗顔はなくなるでしょうから、じっくりと説明書を読んで納得してから使用することをお勧めします。
その際、洗顔剤に含まれている「肌に良い成分」はあまり重要ではありません。
「保湿成分」「ビタミンC」「美白成分」などは、洗い流されてしまって肌には残らないと考えられるからです。

 

まずは洗顔剤を使用する前に、汗やホコリなどはぬるま湯だけでも充分に落とすことができますから覚えて置いてください。。
肌には自浄作用がありますから、不要な汚れを落とすだけの正しい洗顔を身につけましょう。
そうすることで、様々なトラブルの解消は、まずは正しい洗顔からと気付くはずです。

 

正しい洗顔方法

 

順序立てて洗顔の方法を述べていきます。

 

  1. 泡立てが充分できるように、まずは手を洗ってきれいにします。
  2. 洗顔料を充分に泡立てます。手で泡立てが無理な場合は泡立てネットを利用します。
  3. 泡立ったら、手と肌の間にクッションの様に泡を乗せて、Tゾーンや顎などの皮脂が多い部分からそっと優しく洗い始めます。指が肌に触れないことに気をつけてください。
  4. 目元や口元などは乾燥しがちな部分ですから、泡を乗せるだけでよいのです。
  5. ぬるま湯の温度は33℃?36℃くらいが理想的です。最低でも20回はすすぎます。
  6. しっかりすすいだら、柔らかで清潔なタオルで顔を押さえるようにやさしく水分を拭き取ります。
  7. 洗顔後の肌からは水分が蒸発します。その際に角質層の水分が奪われ、過乾燥になってしまいますから、3分以内には充分な保湿をしましょう。

 

様々な洗顔料が出ていますが、「どろあわわ」は評判のようです。
私も試用した経験がありますが、ものすごい量の泡でしかもみっしりとあわ立ったので、鼻の穴まで詰まってしまい苦しい思いをしました。
ただ、確かに毛穴の奥まで入り込むので汚れはしっかり落ちたようで、なんだか肌が白くなったような経験をしました。

 

洗顔の注意点はこすっては駄目

 

洗顔の目的は、古い角質や余分な皮脂を洗い落とすことですが、注意する点は「ゴシゴシこすり洗いをしない」ことにあります。
泡で優しく洗うすることがべストなのですから、洗い落とすときにも優しくぬるま湯をかけるように泡を落としていきます。
このときにあわがしっかり肌にまとわり付いておちないからと、ゴシゴシ洗いたくなりますが、肌をこすり洗いすることで「皺やシミ」「乾燥肌や肌荒れ」を起す原因にもなります。
顔をきれいに洗って、逆に皺シミができてしまっては、本末転倒ですね。

 

他にも、ニキビや毛穴に悩みがある場合、さらに丁寧な洗顔が必要になってきます。
こすり過ぎや長引いた洗顔は、大切な成分、油分や保湿成分までも洗い流すことになるので、肌にダメージを与えるだけですから厳禁ですね。
肌は更に乾燥してしまうことで、ダメージに非常に弱い肌になるのです。

 

正しく洗顔することは「泡で洗うこと」としっかり肝に銘じましょう。
洗顔料はしっかりとその役目を果たすよう作られていますから、肌に馴染ませるだけで皮脂や汚れは浮き上がって来るのです。
そしてその上しっかりと泡立てることで、肌に密着して汚れを取り除きやすくしてくれます。
「洗顔は泡で行う」[こすらない」「すすぎはしっかり」ということ、キチンと理解して実行してください。

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら