クレーターになったニキビ跡の治療方法について

クレーターになったニキビ跡の治療方法について

スキンケア

 

ニキビ跡のダメージが進行してしまい、デコボコ状態になってしまったら、治療方法は無いのでしょうか。
調べてみました。

 

クレーターニキビ跡の種類とは

 

肌が陥没したようにデコボコになってしまったニキビ跡、クレーターニキビ跡などと呼ばれますが、名前にも迫力があるようにメイクなどでは簡単にカバーできないものです。

 

タイプで分けられています。

 

  • アイスピックタイプ: 範囲は狭いのですが根が深いく真皮まで達しています。
  • ローリングタイプ: 4mm以上の広い範囲でへこみんで見えます。
  • ボックスタイプ: 深さはないのですが、穴の底辺も平らで大きいものです。

 

いずれも、ニキビによる毛穴へのダメージでできてしまうのですが、ダメージが深部に進行したのか、または範囲が広がってしまったのか、でタイプが違ってきます。

 

自分でクレーターニキビ跡を治すのは難しい

 

一般的にもニキビ跡の修復は難しいのですが、クレーターに発展してしまったものはなおさら根治は難しいとされています。
なぜなら、ニキビの炎症が進行し、皮膚深部の真皮にまで及んでしまっているからです。
自力で治すことは非常に時間も掛かりますし、またターンオーバーの周期内では無理ですし、真皮へ達したダメージの修復には膨大な時間がかかるとされています。

 

とは言っても放って置くことはできませんから、できることからやりましょう。
まずは「ニキビのできた時の対処法」から考えていきます。
ニキビができてからの習慣を見直して正すことも大切ですし、必要なのでしょうが、クレーター状にまで進行していては、どうすることもできないのも現実です。

 

セルフケアの方法として「肌のターンオーバーを促す習慣を心がける」ことにしましょう。
「十分な睡眠」と「正しい食生活」「運動」が大事になりますが、これらを実践してもニキビ跡に対する目に見える効果というのは、数年単位になってしまうでしょう。
その他にももちろん「スキンケア」や「洗顔」を見直したり、古い角質を除去できる「ホームピーリング」を試したりしてみましょう。

 

クレーターニキビ跡の治療はクリニックへ

 

とても難しいこのニキビ跡ですが、何年も我慢することはありません。
皮膚科(クリニック)で治療はできるのです。

 

しかも効果が早いという長所がありますから、何年間も我慢せずに、数回の治療で目に見える効果を確認することもできるのです。
一般的なクリニックの治療は、レーザー治療です。

 

様々な分野で活躍しているレーザー機器ですが、クレーターニキビ跡への施術で「肌をふっくらさせる」と言う効果が認められています。
数回の施術が必要ですが、何回か行うことで目立たなくなってくるようです。

 

次に効果があるのが「ケミカルピーリング」で、古い角質を除去する方法です。
クレーターになってしまった肌は角質が固くなり、またターンオーバーも乱れているので、ピーリングで新しい皮膚を再生させるのです。

 

これによって肌は滑らかになっていきます。
何回か続けて通院し受けることで、効果は上がっていくようです。

 

他にも治療法として「薬」や「注射」などがあります。
しかしニキビ跡の治療は自費治療となるため、クリニックできちんと相談した上で施術を受けるようにしましょう。
とても高い治療費に驚いてしまわないためにも…。

 

セルフケアでどこまで治せる?

 

クレーターになってしまった場合は、完治にはクリニックでの治療とケアが必要です。
しかし、高価な上に通院する場所の関係で行き難い場合もあります。
出来るだけ自宅で時間が掛かっても治したい場合は、どうしたら良いのでしょうか。

 

まずは生活習慣の改善が第一です。
食生活や睡眠、日々の過ごし方など今までとは違う健康的な生活を送りましょう。
なぜなら、にきび発生の源は「睡眠不足」「食生活の乱れ」「ストレス」などが関係しているからです。

 

にきびをいじりまわすことも最悪ですから、芯を触ったりいじったり、最後には膿を絞り出したりと言うようなことは厳禁で、ますますクレーターを広げることになります。
生活習慣を改善すると共に、「クレーター肌を治す成分が配合された化粧品」を探して、使用してみましょう。

 

「アクレケア」とか「ビーグレン」とか、成分もきっちりしていてケアに充分な化粧品も少なくは無いようです。
「コラーゲンを増やしてくれる成分」が入ったものは、コラーゲンが肌の線維芽細胞に働きかけて更にコラーゲンを増やし、少しずつ肌のデコボコが再生されて改善していくようです。

 

コラーゲンと共にビタミンC誘導体やレチノール、プラセンタといった成分が含まれているものが良いようですね。
毛穴のたるみや開き、詰まりケアに有効なようです。
コツコツと続けることで、肌の改善が感じられたらどんなに嬉しいことでしょう。
セルフケアには時間が掛かりますから、じっくりと効果のある成分を含んだ美容品を選び、しっかりと続けましょう。

 

クレニックに相談するのは、その後でもよいかも知れませんね。

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら