ニキビ跡はコンシーラーを使用して隠しましょう!

ニキビ跡はコンシーラーを使用して隠しましょう!

スキンケア

 

 

ニキビ跡を隠す正しい方法

 

出来ないよう気をつけていても、体調や生活習慣の乱れが原因で作ってしまったニキビ。
そして対処法がまずくて跡が残った場合、元の肌に戻すには肌のサイクルがありますから、それまでは我慢しなければなりません。

 

その間、通常のメイクでは上手く隠せませんから、ついついファンデーションや下地を厚塗りしてしまって、不自然なメイクになることもありますし、また肌に負担をかけて悪化させることも考えられます。
出来ればあまりメイク用品は増やしたくありませんから、普段のメイクにも使用できるものでニキビ跡を隠せるテクニックをお教えしましょう。

 

メイク用品の選び方

 

ニキビ跡を隠すために使用されるアイテムは、ファンデーションやコンシーラー、化粧下地が一般的です。
ニキビ跡の状態と、肌質やメイクの技術などを考え合わせて選びます。
ついつい「隠したい気持ち」が先走って、カバー力の高いファンデーションを選んでしまいますが、そのファンデーションの使用によって肌への負担が大きくなることも考えられますし、肌への負担がニキビ跡の悪化にも繋がりかねません。

 

厚塗りや長時間の使用は避けてください。
厚塗りを避けるには、ファンデーションとコンシーラー、化粧下地を上手く使うことです。
まずは化粧下地から始め、コンシーラー、ファンデーションの順に塗っていきます。

 

ニキビ跡を隠すメイク方法

 

化粧下地は、ニキビ跡のクレーターや盛り上がった跡を整えて、カヴァーしてくれますし、またファンデーションのノリを良くもしてくれます。
ブラシでムラ無く伸ばすことをおススメします。
肌色を使用することで、多少の赤みや色素沈着を隠すことも可能ですが、一番肌に近く触れるものですから「美容成分や保湿成分配合」のものを使用することで肌のケアにもなります。

 

そして、さらにニキビ跡の色味が隠れないと思う場合は、コンシーラーを使います。
カバー力が欲しい場合にはスティクタイプのものを、気になる部分に塗ってから叩くように馴染ませます。
そして普段使用のファンデーションで仕上げますが、リキッドタイプではなくパウダータイプを使用することで、サラッとした素肌に近い仕上がりにできます。
肌への負担を考えた場合も、パウダーはおススメです。

 

特にニキビ跡の赤みは、とても目立つ色ですから気になりますね。
そのような場合には、補色系のカラーコンシーラーを使用してみてください。
赤の補色は緑ですから、グリーン系のコンシーラーが良いでしょう。

 

最近はでは伸びの良いコンシーラーが出ていますから、厚塗りの心配は要らないようです。
しかもビタミンまで配合されていて、炎症の軽減にも効果があるとのことです。
グリーンでは隠せない赤みの場合には、パープルやブルーも試してみましょう。
緑や紫や青い色に抵抗感がある場合には、効果は少し下がりますがイエロー系のものでも隠すことはできます。
補色効果の他にも、赤みを覆い隠すという方法は、やはりコンシーラーの方がカバーできるようですね。

 

赤から茶や黒に色素沈着した場合には

 

ニキビ跡は変化していきますから、赤みが薄れて茶系になり、最後は黒く色素沈着していきます。
その場合もコンシーラーを上手に使用して隠しましょう。
カラーコントロールではなく覆い隠す方法が良いので、自分の肌より濃い目のコンシーラーを使用します。
コンシーラーのカバー力は、テクスチャーが硬いものほどカバー効果が高いのですから、色素沈着が濃いようならスティックタイプが良いでしょう。

 

濃い色のコンシーラーでカバーした部分が浮いてしまう場合は、自分の肌と同じ色合いのファンデーションを重ねることで浮かないようにします。
茶系の色素沈着の場合は、イエローカラーを使用することで、目立たなくなるようです。
また、頬にある場合にはぼかすように全体にメイクし、仕上げとしてチークをふんわり乗せて優しい雰囲気を出してみましょう。

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら