デリケートゾーンの黒ずみの治療は皮膚科かクリニックで

デリケートゾーンの黒ずみの治療は皮膚科かクリニックで

デリケートゾーンの黒ずみ

 

 

女性にとっては人には相談し難い「デリケートゾーンの黒ずみ」問題、市販の薬も数多くネット販売されていますから、人知れず使用している人も少なくはないでしょう。
でも、思うようには黒ずみは消えてくれないようで、いろいろと試して「もう、駄目!」と諦めかけている人に「皮膚科やクリニック」での専門的な治療を試してみて、とお勧めします。

 

その治療法には、投薬とレーザーがあるようなのですが、一般的な皮膚科での投薬治療では薬の処方だけという場合もありますから、美容系のクリニックの方が合う人もいると思います。
「デリケートゾーンの黒ずみの原因」は、摩擦による色素沈着が多いとされていますが、他の原因も考えられますから、それらも含めて紹介していきます。

 

 

投薬治療とは

 

市販では使用できない医師の処方が必要な薬を使用しますから、圧倒的に効果が高く出るようです。
これは納得ですよね。
その薬の成分について見て行きましょう。

 

薬の中でも効果が高いとされているのは「ハイドロキノン」で、なんと美白成分がビタミンCやプラセンタの100倍といわれているものです。
本当に100倍の効き目があるのなら、黒ずみに対する効果は絶大でしょう。
その効き目は「メラニンの色素を減少させる効果」と「メラニンの育成を弱める効果」とのことですから、期待できます。

 

現在の黒ずみと、さらに今後できるかもしれない黒ずみへの対策には心強いですね。
そして、この「ハイドロキノン」と組み合わせて使用することで効果が発揮されるのが「トレチノイン」という物質で、ビタミンAの50倍もの力を持っているそうです。

 

その働きは、古い角質を取り除くピーリング効果と、新しい皮膚を再生させるターンオーバーを促進させる効果があるとされています。
「ハイドロキノン」と「トレチノイン」との組み合わせで、より効果が高い治療が望めるとされています。
「うわー、凄い。嬉しい」と思った方、注意していただきたいことがあります。
効果が高い分、注意点もあるからです。

 

「成分が強すぎる」ため、医師の指示と処方が必要になるのです。
また更に、「ハイドロキノン」と「トレチノイン」共に、酸化が早いために高温多湿での保管や、直射日光には気をつけることが必要になりますし、しかも開封未開封に関わらず1か月以内に使い切ることが条件になります。

 

酸化してしまった薬の成分は、とても強い作用を発揮してしまいますから、肌には適していません。
そして、妊娠・授乳中の方は、この成分は使用が出来ませんから注意が必要になります。
妊娠予定の方や、妊娠初期でまだ確定していない方などは、黒ずみが気になっていたとしても絶対に避けてください。

 

なにしろ妊娠中は、ホルモンバランスの関係から身体中が黒ずんできますから、気になるとは思いますが、健康で元気な赤ちゃんの誕生を楽しみに、我慢しましょう。
出産してしまえば、綺麗な状態に戻りますから、それを楽しみに待つ姿勢も大切です。

 

 

レーザー治療とは

 

自分では難しいレーザー治療、安全を考えるならしっかりとしたクリニックを選びましょう。
薬では解消できない黒ずみには、レーザー治療は非常に効果的ですし、また速さでも薬以上に効果が期待されます。
肌奥のメラニン色素破壊のために向けられたレーザーは、メラニンによる黒ずみを破壊して肌表面に浮き上がらせ、そして剥がれ落としていきます。

 

肌のターンオーバーを利用してのレーザー治療は、数回繰り返して行う必要うがあります。
長い間蓄積された頑固な黒ずみの場合は、一度のレーザー破壊では難しく、何度か繰り返す必要があるのです。

 

ただし、何回か繰り返すことで肌への悪い影響は無く、黒ずみの原因であるメラニン色素のみに照射することで、他の皮膚表面には負担を掛けないような治療が可能です。
機器としては「レーザートーニング」というものですが、肌への負担を無くすためにレーザーのエネルギーを肌表面の黒ずみに対して、均等にいきわたらせるようになっていますから、Vラインに向いているとされています。

 

強力な力ではなく、メラニン色素を破壊するだけの弱い力を使用していますから安心できるでしょう。
黒ずみや肌の状態によって違いはありますが、施術時間は5分から20分ほどです。
予約さえしておけば、仕事帰りにも利用は可能ですから、とても便利ではありますね。
レーザー治療後のケアが、きちんとされているクリニックを選ぶことが大切です。

 

 

しっかり調べて利用しましょう

 

レーザーの種類はクリニックによって様々です。
デリケートゾーンに適したレーザー治療のみを、行うところもあります。
一般的なVライン、Iラインの黒ずみに適した「レーザートーニング」や、小陰唇や膣口周辺、膣内粘膜にレーザーを照射することで黒ずみを解消する「インティマレーザー」など、調べればいろいろと出てきます。

 

使用法も様々ですし、また料金もいろいろですから、ご自分でネットサーフィンしてしっかりと選ぶことが大切です。
デリケートゾーンと言う場所が場所ですから、あまりに安価なものでは逆に心配にもなりますよね。
薬にしてもレーザーにしても、1回で済むことではなく、長い間の治療が必要なようですから、ご自分に合った方法と費用で考え合わせて選んでください。

 

トラブルを避けるためには、少しでも異常を感じた場合には、すぐに医師に相談して対処してもらうことです。
そのためには、安心して任せられる医師を選択する必要があります。
基本的に何処のクリニックでも、無料カウンセリングは受け付けているはずですから、直に確かめることも必要かも知れません。

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら