デリケートゾーンの黒ずみとホルモンの関係

デリケートゾーンの黒ずみとホルモンの関係

デリケートゾーンの黒ずみ

 

人知れず悩むことの一つに、「デリケートゾーンの黒ずみ」があります。
微妙な部分の微妙な問題ですから、人に相談もし難いですし、それだけに悩みも深いでしょう。
黒ずみの原因を知っておくことで、対処法も納得できますから知っておくべきですね。

 

一般的に肌の黒ずみの原因は「メラニン」だと言われています。
しかし、メラニン色素が何故多くなるのかと言うことなのですが、それは「紫外線や外部からの刺激」「ホルモンバランス」等が影響しているようなのです。
メラニン色素について説明していきましょう。

 

 

ホルモンバランスの崩れがメラニン色素を多くする

 

ホルモンのバランスが乱れることから、メラニン色素が多く作られるようになり、そして肌は黒ずんでしまうと言われています。
肌のターンオーバーには、新陳代謝の働きが密接に関わっていますから、その働きが悪くなるのはホルモンのバランスにあるのです。
女性ホルモンには、大きく「エストロゲン(卵胞)」と「プロゲステロン(黄体)という2つに分けられます。

 

エストロゲンは卵巣との関わりが大きく、妊娠をするための排卵をサポートします。
プロゲステロンは受精後に働いて、受精した卵子が着床しやすいようにサポートをします。
このホルモンは脳下垂体から分泌されていますが、シミや黒ずみに関係しているのは「プロゲステロン」です。

 

このプロゲストロンが、ホルモンバランスが崩れた際に「メラノサイト」を刺激して、メラニン色素を作り出してしまうのです。
ホルモンバランスの乱れが続くことで、メラニン色素は過剰に作られ、更に色素沈着が発生して黒く変色してしまうことになります。

 

 

メラニンが過剰に生成される条件

 

生活習慣の乱れや過剰なストレスにさらされている時、と聞いて「ええー」と驚いたあなたは、更に「妊娠中」「更年期」にも同じことが言えると聞けば納得するでしょう。
精神的なことよりも、肉体的なことの方が分かりやすいですよね。
でもストレス状態が続いた時、肌荒れなどをした経験はありませんか?

 

また、生活習慣では「暴飲暴食」「喫煙」「寝不足」等で乱れた場合、当然肌荒れなどは起こってきますよね。
このような状態に「プロゲステロン」が関係しているので、メラニンは発生してしまうのです。
シミや黒ずみには「生活習慣の改善」が望ましいのですが、自身でのバランスの取り方は難しいとお思いでしょう。

 

でも、黒ずみの原因は全てがメラニン色素の沈着が原因の肌のトラブルですから、メラニン対策をきちんと講じることで押さえることは出来るのです。
メラニン対策と共に、バランスの崩れで肌そのものが弱ることもありますから、潤い不足には注意が必要になりますし、潤いが無くなれば乾燥もしてしまいます。
肌の弱りに注意していないと、肌のターンオーバーもしっかりと働いてくれませんから、黒ずみの発生に繋がってしまいます。
デリケートゾーンの肌はとても弱い為、影響が大きくなりますから、少しでも早く対処することが必要です。

 

ホルモンバランスの崩れは、自分では分かりにくいと思いますので、そのサインをいくつか上げておきましょう。
サインに気付いたら、更に注意してくださいね。
バランスの崩れは、まず「生理」に現れます。

 

生理不順が続くこと、や生理痛などが強くなったと感じり、生理ではない経血状のものが出たりした場合は、要注意です。
女性ホルモンが影響しているのですから、当然生理に異常が出てきます。
分かりやすいと言えばそうなのですが、非常に嬉しくない状態ですよね。
嬉しくない状況を変えるためには、生活習慣を改めることが重要になります。
デリケートゾーンの黒ずみが、女性ホルモンの影響にあって、それが生活習慣の見直しにまで繋がるなんて、信じられないかも知れません。

 

 

肌を綺麗に保つには努力も必要

 

デリケートゾーンの黒ずみだけではなく、乾燥やニキビなどの肌荒れや、疲れやストレスなども「生活習慣の見直しと改善」で、問題は解消できます。
「生活習慣の見直しと改善」と聞くと、まずは生活習慣病が上げられますが、その予防や改善のためには「食事療法」「運動療法」「飲食物の見直し」等々、とても大変な数々が上げられています。
まず最初の基本は「きちんとした知識を身につけること」にあります。
「食生活を改善」し、「有酸素運動」に取り組み、「エクササイズ」も無理せず行い、「充分な睡眠」をとり、「飲酒・喫煙」を控え、「ストレス解消」を心がけましょう。
何のことはありません、書いている内に大昔に戻った生活が「健康な生活」なのだと思いあたりました。

 

縄文時代や弥生時代には、灯りは焚き火くらいですから、陽が落ちたら眠り、陽が上がったら起きて活動するというサイクルが、普通の生活だったのです。
ただし、紫外線の怖さにも気付いていなかったのですから、肌が陽に焼ける心配はしなかったでしょうし、デリケートゾーンの黒ずみなども見えなかったでしょうから、気にもしなかったでしょう。
文明社会に生きているからこそ、様々な障害に気を病み、身体的な細かなことにも神経を使うようになったのです。

 

太陽を浴びることで解決できる悩みは、現代人がいろいろと詳しく知りすぎた弊害でもありますね。
肌を健やかに美しく保つ努力は、美容液やサプリメントの吸収以外にも、根本的な生活の改善にあることも考えてみてくださいね。

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら