日焼けするのはお肌が守られている証拠?

日焼けするのはお肌が守られている証拠?

アットベリー

 

 

日焼けはメラニン色素によって起こります

 

「メラニン色素」は小学生くらいの時に習ったのでしょうか。髪の毛が黒かったり日焼けした時に肌が黒くなる色素のことですね。

 

髪の毛は日本人の方は大体もともと黒いですが、肌が黒くなるのは紫外線を浴びると黒く見えるメラニン色素が作られるからです。
もう少し詳しく解説すると、お肌の表面にある「メラノサイト」という物質が紫外線などの刺激を受けると「メラニン色素」を作り出し、その色素がお肌に沈着することで日焼けします。このメラニン色素がいつまでも沈着しているとシミや黒ずみになってしまいます。

 

なぜメラニン色素ができるのでしょうか。実はメラニン色素は肌を黒くするだけではなく、実はお肌や体を守ってくれる働きがあります

 

色白の方は紫外線に弱い傾向にあります。日焼けしようとしても赤くなったり肌がヒリヒリしてしまいます。これは色白の人はメラニン色素がもともと少ないため、刺激を受けやすいのです。逆に地黒の人はメラニン色素が多く、日焼けしやすかったりします。メラニン色素が紫外線からお肌を守ってくれているのです。

 

かといって日焼けし過ぎには要注意です。ずいぶん昔は日焼けしたほうが健康になると言われていましたし、若いうちは黒い方が可愛いと思っている方も少なくないと思いますが、紫外線はお肌にはよくないことが多いです。体内のDNAを壊してしまったり、皮膚がんの原因になるとも言われています。

 

メラニンは黒くなることで紫外線からお肌を守ってくれてはいますが、ターンオーバーがうまくいかなくなるとたちまち色素が沈着し、シミやそばかすに変化してしまいます。若いうちはターンオーバーがうまくいっているのでお肌は綺麗なままですが、年齢を重ねると新陳代謝が若いうちほど活発ではなくなりますので、シミや黒ずみができやすくなります。よく焼けた褐色の肌も確かに魅力的なのですが、日サロなどに通い詰めている人はシミになっていないかどうかチェックしてみてくださいね。

 

 

紫外線が当たらないのに黒ずみが!

 

日焼けによるシミや黒ずみは紫外線の刺激によってメラニン色素がお肌に沈着することはわかりました。でも紫外線に当らない脇の下やビキニライン、おしりにも黒ずみはできてしまいますよね。これは何故でしょうか。夏にビキニで日焼けをしすぎたからというだけではありません。

 

メラニン色素が作られる原因は紫外線だけではなく、肌への刺激によってもメラニン色素は作られるのです。これは、刺激を受けるとお肌が攻撃を受けたと思い込み、お肌を守ろうとする作用の為です。

 

おしゃれな女子にとっては脇の下やビキニラインのムダ毛処理は避けられないもの。でもムダ毛をカミソリで剃ったり抜いたりするとお肌は外的刺激から守ろうとしてメラニン色素を作り出します。同じムダ毛処理をしてもスネよりも脇やビキニラインに出やすいのは、皮膚が敏感だからです。

 

またカミソリをあてなくても脇の下やビキニラインやお尻などは黒ずんでしまうことがあります。これは動くことで洋服とお肌がこすれることでお肌が刺激され、メラニン色素がつくられるからです。特にピチピチの下着やインナーがお好きな方は摩擦が多くなるので注意が必要です。

 

メラニン色素はお肌を守ってくれようとしてくれるのですが、その結果として肌を黒くしてしまうことになります。綺麗な肌を保ちたい女子にとっては迷惑な話かもしれません。

 

 

黒ずむ前に予防しよう

 

実際のところ、黒ずみは消えたりできたりの繰り返しです。消えたと思っても紫外線や他の刺激でまた出てくることも多く、いたちごっこのようなものです。かといってほっとくと勝手に黒くなったりします。

 

黒ずみは黒ずみケア化粧品などで薄くすることもできますし、今はレーザー治療などで短期間で除去することもできるようになりました。でも永久黒ずみ除去という治療はありません。ですから黒ずみが出ないように予防するのが美肌への近道、というか王道です。

 

黒ずみ予防としては、

 

1.日焼け止めなど紫外線対策をきちんとする。
2.体にフィットしすぎる下着や洋服を避ける。
3.カミソリなどの強い刺激を避ける

 

などがあります。

 

黒ずみにかかわらず、病気も治療よりも予防が大切です。年齢を重ねるとシミや黒ずみが出やすくなるので、若いうちからのケアが大事ですね。

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら