妊娠と黒ずみの関係

妊娠と黒ずみの関係

アットベリー

 

 

妊娠すると気になる肌の黒ずみ

 

脇の黒ずみは女性にとっては大問題。ムダ毛だけじゃなくて脇のお肌の色までちゃんとチェックしていますか?夏になって脇を露出する服を着てみたら黒ずみができていた、なんて経験のある方もいるはず。それではちょっと手遅れです。普段からきちんと脇のチェックはしておきましょうね。

 

普段でも気になる脇の黒ずみは妊娠すると悪化することがあります。妊娠すると脇にかかわらず胸やお尻や足の付け根などに黒ずみが出ることが多いです。これはホルモンバランスの影響で、妊娠すると黒ずみだけでなくいろいろな体の変化が起こります

 

黒ずみを落とそうとお風呂でゴシゴシとこすってしまう方もいると思いますが、これは逆効果です。黒ずみは汚れではないのでこすって落ちるものではありません。逆に黒ずみをゴシゴシこすってしまうとメラニン色素の生成が活発になり、黒ずみの原因を作ってしまうことになります。

 

また、妊娠している時にはそれまでよりもお肌が敏感な状態になると言われています。今まで使っていた化粧品に違和感が出ることもあるようです。「合わないな」と感じたら使用するのを止めて低刺激なものにするなどお肌にトラブルが出ないような工夫もお忘れなく。
お肌が敏感になっている時にお肌のケアをさぼってしまうと黒ずみだけではなく、肌トラブルの原因になりますので、いつも清潔にして保湿を心がけましょう。

 

 

黒ずみができる原因は?

 

妊娠中、大勢の女性を悩ませる脇の黒ずみ。ではこの黒ずみとは何が原因で出来てしまうのでしょうか。
シミや黒ずみは紫外線の影響が大きいと言われていますが、下着や洋服との摩擦やムダ毛処理をするときのカミソリの刺激でも発生します。これはお肌が刺激を受けるとメラニン色素の生成が活発になるからですが、妊娠中の黒ずみの原因はそれだけではないようです。

 

妊娠すると赤ちゃんを育てるためのホルモンが増えてそれまでのホルモンバランスが変ってきます。女性の体に影響を与える女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が主なホルモンです。

 

この黄体ホルモンがメラニン色素の生成を活発にする作用があり、シミや黒ずみができやすくなってくると言われています。
妊娠中のシミや黒ずみは産後にはほとんど治まると言われていますが、これは妊娠中に崩れていたホルモンバランスが元に戻るからです。しかしシミや黒ずみは紫外線にあたることで色素が濃くなってしまう性質がありますので、UVケアやスキンケアはさぼらずに続けておくことが大切です。

 

また、ホルモンバランスの崩れにより、ニキビができやすくなったり毛深くなったり、逆に抜け毛が増えたりすることもあります。初めて妊娠した時は不安になってしまうこともあると思いますが、産後ホルモンバランスが元に戻るとそういった症状もだんだんと元に戻ってきますので、あまり心配し過ぎないようにしてくださいね。

 

 

黒ずみ対策に有効なのは?

 

妊娠中は新陳代謝が活発になりますので、汗や皮脂の分泌が多くなります。お肌を清潔に保ち、保湿することを心がけましょう。また、お肌が敏感になっているので低刺激なものや敏感肌用の化粧品を選んでみるのもよいでしょう。

 

黒ずみケアの化粧品として、アットベリーという薬用の黒ずみケアジェルがあります。低刺激で敏感肌でも安心して使用できる仕様なのに効果がとても高いと言われています。

 

また、オールインワンタイプで化粧水、美容液、乳液がひとつになったジェルなので、さっと塗るだけで3つの効果が期待できます。妊娠中はとくに時間がなかったり動くのもおっくうになったりするのでオールインワンタイプの黒ずみジェルなら手軽にケアができて便利です。

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら