ストレスのかからないブラを使って、シミを防ぐ

薬局や市販のクリームでは、なかなかデリケートゾーンの黒ずみが落ちないワケ

ブラジャー

 

 

女性にとって、ブラジャー選びはとても気を使う部分だと思います。
ブラが合わないと、ワイヤーが食い込んで痛いとか、素材が合わずにかゆみが出たり、最悪痕に残って黒ずんでしまい、脇腹などにシミになる可能性があります。

 

ブラは女性のバストを支えるために必要なもので、女性にとって大切な下着となるものです。
使わないわけにもいかないため、ブラでストレスを感じるのは、非常に体に負担になります。
もしブラを使わないと、バストが垂れて形が悪くなるとか、黒ずみが生まれてしまいます。

 

ここで、ブラを付けたときの痛みの軽減法、おすすめの黒ずみの予防法など、きれいなバストを維持し続けるのに役立つポイントをご紹介していきます。

 

 

 

まずは黒ずみの原因と、場所を知ること

 

黒ずみは摩擦、圧迫といった外部からの刺激によって発生するものです。
どこにどのようにして刺激が加わっているかを把握してください。

 

例えばワイヤーが食い込んで痛いのか、ブラが擦れて痛いのか、それらで対処するべきことも変わってきます。
お肌に摩擦や圧迫が加わると、メラニン色素が生まれてお肌を守ろうとします。
これはバストでも同様ですので、しっかりと対処しないと、同じように黒ずんだり、シミに残ります。

 

 

ブラの痛みは、サイズに合わない、姿勢の悪さ、乾燥が主な原因

 

痛みに関しては、ブラのサイズと、猫背などの普段の姿勢、お肌の乾燥が主な原因として挙げられます。
ブラのサイズが合わないと、バストは小さいブラにぎゅうぎゅう詰めになり、非常に苦しい状態になります。

 

この状態だと黒ずみなどが起きるのはモアチオrン、バストの左右のバランスが悪くなるとか、小さく矯正されるといった多大な悪影響が出ます。
また、ブラが強く密着するため、乳首に刺激となって黒ずむ原因にもなりかねません

 

猫背のような、普段の歩き方、姿勢が悪いと、ブラのワイヤーや真ん中にバストが食い込みやすくなり、痛みの元となりやすいです。

 

そしてお肌の乾燥は、バストにも同様に起きます。
バストのお肌が乾燥すると、少し締め付けられただけで炎症が起きてしまい、痛みや黒ずみといったトラブルが起きます。

 

 

ブラ装着時の痛みの解消、黒ずみ予防のポイント

 

ブラをつけることで発生する痛みと、それによって起きた黒ずみの予防は、前述の3つの改善が基本となります。
ブラの見直しと姿勢を良くすること、そして保温です。

 

中でも一番早くできそうですが意外に難しいのが、ブラの見直しです。
ブラはバストとのサイズさえ合えば大丈夫、というわけではなく、大切なのは、自分の胸と合う「フィット感」です。

 

 

フィット感を一番に重視して選ぶ

 

ブラのサイズというのは、実は参考程度でしかなく、着け心地というものは種類ごとに非常に差があります。
簡単に言えば、アンダーよりトップのほうが大きいとか、逆にトップよりアンダーのほうが大きい、どちらの場合でもその差が5センチほどでしたら、どちらも同じサイズのブラを勧められます。

 

また、バストの大きさはもちろん、位置や肌質、柔らかさも大きく変わってきます。
サイズはあっているのに摩擦や圧迫感があって、痛みとなるということは、珍しくありません。

 

こうしたことにならないためにも、購入前に必ず試着をしてください。
試着して、腰や腕を動かしたり、前かがみになるなどある程度動き回ってみて、ズレるかどうか、痛みがあるかどうかをしっかりと確認します。
そして、バストとブラが一体になっている、しっかりフィットしていると感じたものを購入してください。
例えばB60が最適だと思っていたら、C70が最適だった、なども十分あり得ます。

 

もし、使う素材によってかぶれが生じたりしているのであれば、絹、綿のブラがおすすめです。
化学繊維だとお肌には刺激になりますので、天然素材でお肌に優しいものを選んでください。
人によっては、素材を見直すだけでトラブルが激減する、ということもあります。

 

 

生理前、妊娠中のバストの変化について

 

女性は、生理前や妊娠中などの体調の変化によって、体重や体脂肪が大きく増減します。
特にそれらの場面は女性ホルモンが大きく影響して、バストがいつも以上に張ることがあります。
その場合は、パットをとったり、ホックやすとれっぷを緩めて対処してください。
もちろん、そうした場面用に普段とは違う大きめのブラを備えておく、というのも手です。

 

 

保湿としっかりと、姿勢を正すことも大切

 

ブラの素材、大きさが、バストの肌トラブルの大きな原因ですが、やはり保湿は大切であり、また姿勢もかかわってきます。
猫背だと前に体重がかかり、必要以上にブラに乗っかることになります。
また、試着時はしっかりと背筋を伸ばしていたためフィットしたが、普段の生活では猫背になってしまって、結果的にブラがきつくなる、というケースもあります。

 

普段から姿勢を正すことを意識してください。
おすすめなストレッチは、手を後ろに組んで両肩の肩甲骨を中央へと寄せてみてください。
両腕を中央へ寄せたり、上へ伸ばしたりしても良いです。
これを3回ぐらい行うと、背骨や腰に良いストレッチになるのでおすすめです。

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら