薬局や市販のクリームでは、なかなかデリケートゾーンの黒ずみが落ちないワケ

薬局や市販のクリームでは、なかなかデリケートゾーンの黒ずみが落ちないワケ

アットベリーa

 

 

 

デリケートゾーンの黒ずみに特化したクリームは、店舗にはない

 

デリケートゾーンなど、お肌の黒ずみに悩む女性は多く、実際にドラックストアや薬局などでは、いくつもの種類のアイテムが売られているはずです。
しかし、実はデリケートゾーン「専用」のクリームというものは、個人的に把握する限りでは、一つも販売されていません。

 

市販のクリームでは、デリケートゾーンの黒ずみがなかなか治らない理由は、お肌の様々な部分に使えるクリームがほとんどないため、治りが非常に遅いのです。
そして、デリケートゾーン「専用」のクリームを店舗で販売しても、「恥ずかしい」という理由でなかなか売れないため、店舗にはほとんど置かれないのです。

 

 

店頭においてもほとんど売れないもの

 

デリケートゾーン専用のものだと、それを手に取ってレジに並ぶというのは、女性にとってとても抵抗があるものです
若い女性だとなおさらです。当然、店頭からは売れ残り、在庫になります。

 

また、このことはメーカーも同じように考えています。
つまり、店頭に出しても売れないだろうと考え、ネット通販限定にしていることが多いということです。

 

 

ほかの部分専用のものだと、悪化する可能性も

 

専用ではないクリームをデリケートゾーンに使うのは、おすすめできません。
それは、デリケートゾーンが非常に薄く、敏感な部分であり、もはや粘膜になるほどデリケートな部分だからです。

 

顔なども敏感で、繊細な部分ですが、デリケートゾーンは顔などよりも敏感なうえに、普段は下着があるため、ほぼ常に摩擦と隣り合わせの状態なのです。
一般的な美白クリームでは、どれだけ低刺激をうたっていたとしても、デリケートゾーンからすると非常に刺激が強いものになる可能性があるのです。
刺激が強いということは、当然、「悪化」ということになります。
炎症となり、メラニン色素がどんどん沈着していき、治りは遅くなっていきます。

 

もし、悪化していると気づいたら、使用を中止して皮膚科に行くのがおすすめです。
皮膚科にて処方されるものは、通販でも購入できないほど強力なものですので、医師の指示に沿って使用することである程度回復が見込めます。
もちろん、単なる黒ずみの悪化ではなく、痛みなどがあれば真っ先に皮膚科に行ってください。
恥ずかしいからと言って、自力で治そうとすると、かえって逆効果になることもありますので、少しでも異変を感じたらすぐに皮膚科に行きましょう

 

 

デリケートゾーン専用のクリームの選び方

 

市販のものだと悪化する可能性もありますので、デリケートゾーンの黒ずみを治したいのであれば必ず通販で買うようにしましょう。

 

ただ、その分デリケートゾーン専用とされるアイテムは、インターネットでは大量に販売されています。
ここで、選ぶ時のポイントをいくつかご紹介していきますので、参考にしてみてください。

 

 

無添加のものを選ぶ

まず一番大切なことが、無添加のものを使うということです。
デリケートゾーンに限らず、化学製品はお肌にはあまりいいものではありません。
無添加で、低刺激なものを選ぶことを前提に、選んでいってください

 

 

美白成分が配合されているものを選ぶ

黒ずみの解消のためにクリームを選ぶのであれば、美白成分が含まれている必要があります。
デリケートゾーンのための、ということであれば、トラネキサム酸がおすすめです。
医薬部外品の認可を受けている成分ですので、安心して使用できるはずです。

 

 

保湿成分が配合されているものを選ぶ

美白成分と同じく、保湿成分も重要です。
ターンオーバーが乱れていても、保湿成分によって保湿することでお肌を支える形になり、元のターンオーバーへと修正することができます。
お肌の調子を整えるためには、保湿が最も有効ですので、保湿成分も美白成分と同じぐらい重視して選んでください。

 

 

おすすめのデリケートゾーン専用クリーム

 

個人的に、これらの要素すべてを満たしている、通販でしか買えないクリームは、イビサクリームです。
前項で名前が出たトラネキサム酸が配合されている、アメリカ製のクリームですが、保湿成分と美白成分がふんだんに含まれているクリームです。
美白効果には、トラネキサム酸を筆頭に植物由来のものが4種類、保湿成分はなんと8種類も含まれており、デリケートゾーンにとって理想の状態を保つことができます。

 

もちろん、成分はすべて低刺激で、お肌に優しいもので、香料や着色料といった添加物はもちろん、鉱物油、アルコールも一切含まれていません。
赤ちゃんにもベビークリームとして使うことができるぐらい、安全な成分だけで構成されています。
開発はアメリカですが、日本で売られているクリームは全て国内製造ですので、生産国が気になるという方にもとてもおすすめなクリームになっています。
定期購入コースもありますので、興味があれば試してみてはいかがでしょうか。

 

 

アットベリー

 

【解約返金の裏側】アットベリーの効果を市販薬と比較&公式口コミ TOPはこちら