レーザー脱毛による黒ずみケアについて

レーザー脱毛による黒ずみケアについて

アットベリー

 

夏はムダ毛が気になるシーズンです。面倒くさいながらもムダ毛のお手入れに励んでいる女子も多いことでしょう。思い切ってレーザー脱毛してみようか、とお考えの方もいらっしゃると思います。
ところで「レーザー脱毛で黒ずみケアができる」って聞いたことありませんか。脱毛できて黒ずみのケアができるなんて一石二鳥ですよね。今回はレーザー脱毛で黒ずみが解消できるという話題について徹底調査してみました。

 

レーザー脱毛の種類

まずはレーザー脱毛の種類について考えてみます。レーザーの種類によってそれぞれ特徴があります。

 

1)ダイオードレーザー

レーザーを直接肌に照射するタイプです。レーザーは皮膚を通り過ぎて毛母細胞だけに効果を発揮します。レーザーの熱で毛根や毛母細胞にダメージを与えるため、永久脱毛の効果があると言われています。しかし休止期の毛根には効果が出ないため、周期に合わせて数回の施術が必要になります。痛みはほとんどなく、低刺激で肌に優しいレーザーです。

 

2)アレキサンドライトレーザー

日本ではよく使われているレーザーです。レーザーを毛根に向けて照射し、毛根や毛母細胞に高熱を与えることで脱毛していきます。比較的脱毛効果の高いレーザーです。
特徴はレーザーを照射するとほぼ同時に冷却のための窒素ガスを噴射します。冷却しながらレーザーを当てるため、痛みも少なくなりお肌への刺激が弱いレーザーと言われています。
費用はダイオードレーザーより安いと言われています。

 

3)YAG(ヤグ)レーザー

ヤグレーザーは黒色に反応するレーザーです。毛根にはメラニン色素が存在しますが、その黒いメラニン色素に向かってレーザーを照射し、毛根や毛母細胞を壊していきます。
ヤグレーザーの特徴は、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーよりも波長が長いところです。波長が長いということは肌の深い部分までレーザーが届くということなので、皮膚の深いところから生えている毛まで処理できるということになります。
ヤグレーザーはパワフルで男性のひげのような剛毛も処理できますが、反面深いところまでレーザーが届くため、痛みを感じる方が多いようです。

 

レーザー脱毛と黒ずみケア

 

1)黒ずみケアに使われているレーザーが脱毛にも使われている

 

この脱毛に使われるレーザーですが、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーは実は黒ずみやシミなどの色素沈着の治療にも使われているレーザーなのです。ですからレーザー脱毛すると黒ずみにも効果があると言われているようです。

 

基本的にレーザー脱毛は毛根にあるメラニン色素を狙って脱毛させる方法です。アレキサンドライトレーザーもヤグレーザーも同じです。特にアレキサンドライトレーザーは脱毛効果も高いですが、美白効果のあるレーザーとしても知られています。

 

しかし、脱毛と黒ずみでは狙うところが違いますし、基本的にレーザーの波長やパルス、また出力設定も違ってきます。ですからレーザー脱毛すれば確実に黒ずみケアができるわけではなく、黒ずみが少なくなればもうけもの、程度に考えておいた方がいいでしょう。

 

2)脱毛することによって肌への刺激が減る

 

レーザー脱毛をすることによって、ムダ毛がある部分にカミソリをあてたり、毛を抜いたりする回数が減ります。回数が減ることによってお肌への刺激が減ります。皮膚の黒ずみ、つまり色素沈着は肌が刺激を受けることによって肌が自分を守ろうとしてメラニン色素を生成するのです。ですから刺激を受けないことによりメラニン色素の生成が減る、またお肌のターンオーバーが正常化することにより、黒ずみが少なくなっていくことになります。

 

 

レーザーによる費用の違い

 

脱毛はそれぞれのクリニックによって価格設定が違い、またキャンペーンや脱毛部位などで価格が変動するため、どのレーザーが安い高いと一言でいうことができません。
また同一クリニックでも複数のレーザーを使用して施術をするところがあるため、レーザーの違いによる費用の差を明言するのは難しいです。
脱毛の場合、費用から調べる、または気に入ったレーザーの種類で調べていくと希望する脱毛ができると思います。